日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『半沢直樹』続編に厳しい条件?

堺雅人は番宣になぜ出ない!? 『半沢直樹』続編は“是非もの”で厳しい条件を指定か

文=日刊サイゾー

堺雅人

 テレビ番組全般においての視聴率低迷が声高に叫ばれる昨今、このところ安定して高視聴率を記録しているのがTBS制作のドラマだ。特に、日曜9時からのドラマ枠「日曜劇場」は軒並み高視聴率で、芸能界との“政治力”も関係ないほど、強気の姿勢で制作されている。

 TBSドラマでは、2020年の冬クールにおいては制作側からも期待されていなかった『テセウスの船』と『恋はつづくよどこまでも』がそれぞれ最終話で19.6%と15.4%という視聴率を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。また、19年は木村拓哉主演の『グランメゾン東京』や『凪のお暇』といった作品も高評価を得ている。「ドラマのTBS」の復権を目指し、さらなる結果を期待されていたのが春クールでの『半沢直樹』新シリーズだ。

 しかし、『半沢直樹』は本来4月5日から放送が開始する予定であったが新型コロナウイルスの影響により、放送日未定のまま延期となっている。さらに、不可解なことに5日と12日に放送を予定していた7年前の作品をまとめた『半沢直樹 特別総集編』も突如として延期となり『半沢直樹』と同じく池井戸潤の著作を原作とした『下町ロケット特別総集編』が放送されている。

 一部報道によると『半沢直樹』は全10話中2話までしか撮影終了していないそうで、特別編を放送してもすぐにストックが切れてしまうことが放送延期の理由と噂されているが、これに対して「主演の堺雅人サイドからの調整があったのかも?」という声がある。

「いろんなメディアで囁かれているが、堺さんは『半沢』の新シリーズに乗り気じゃなくて、続編制作まで7年もかかっている。それはドラマ視聴率が低迷している中での40%超のおばけ番組だったがゆえに、役のイメージが付きまくったことが理由と言われています。芸人がモノマネするのもめちゃくちゃいやがっていたとか」(芸能記者)

 今回の最新シリーズに関しても役のイメージを固定させないためにお馴染みの決め台詞「やられたらやり返す、倍返しだ!」をなくし、半沢直樹のキャラクターも変更されたという話も上がっている。それらを飲み込んでなお、ドラマ制作を進めているのは驚異的な視聴率への期待の現れだが、制作にあたっては堺からさらにいくつかの条件が出たとまことしやかに囁かれている。

「堺雅人さんの場合、ドラマに出演しても番宣番組にでないことが確約されているケースが多い。基本的に民放のドラマの場合、ほとんど番宣に出ておらず、今回も条件として上がっているのでしょう。業界では“是非もの”と言われるもので、主演になってもらう代わりの条件ですね」(ドラマプロデューサー)

 新型コロナウイルスによる影響はテレビ業界にも大きく、バラエティや報道はリモートで乗り切っているが、いわゆる“三密”が必至となるドラマ撮影は緊急事態宣言が解除されても当分は続きそうだ。TBSは緊急事態宣言が発令される以前にドラマ撮影の中止を発表するなど自粛に積極的な対応を見せたがゆえに、なおさらに撮影延期をせざるを得ない事情もある。

「同じ原作者の『下町ロケット特別総集編』は無事放送されているので、池井戸さんサイドは放送に関しては問題ないはず。もしかしたら『半沢直樹 特別編』に対しても、番宣に出てない堺さんサイドからストップがかかったのかもしれません。TBSは放送できないタイミングでも“半沢熱”を高めたかったでしょうが……」(同)

 どうやら、一刻も早い撮影再開を望むのはファンだけではないようだ。果たして、我々は半沢直樹の活躍を今年中にテレビの中で見ることはできるのか?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/30 09:12

堺雅人は番宣になぜ出ない!? 『半沢直樹』続編は“是非もの”で厳しい条件を指定かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

続々コンサート引退のなぜ

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

“休業”を経験する芸人2人の語り

 2019年2月から現在まで産休・育休に入っ...…
写真