日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ミスマガ候補の15歳巨乳少女

『ミスマガジン2020』候補の“15歳巨乳アイドル”菊地姫奈に驚嘆と不安の声が…

文=日刊サイゾー

BLUE LABEL公式サイトより

「グラビア界に超新星現る」のニュースに不安の声も……。

 7月21日、講談社が主催するアイドルコンテスト『ミスマガジン2020』ベスト16が、都内で初お披露目された。同コンテストといえば、これまで倉科カナや新川優愛が輩出されており、今回は人気グラビアアイドル・都丸紗也華の妹の亜華梨、アイドルグループ『Pimm’s』の早川渚紗、ゲームタレントユニット『スタダGG!』の谷岸玲那が注目を浴びていた。

 そんななか、グラビア関係者から絶賛されていたのが菊地姫奈だ。アイドル誌編集者が言う。

「イベントでアイドルたちは水着姿を披露しているのですが、彼女は15歳の高校1年生にして大人顔負けの豊乳バスト。その写真がニュースサイトに拡散されると、『このカラダ、本当に15歳?』『これは……だれでも反応する』『正直に言ってそそる』と、多くの男性がエロ目線で眺めていたようです」

 同コンテストは、「週刊ヤングマガジン」からのハガキ投票と、ライブ配信アプリ「SHOWROOM」のランキング、そしてYouTube再生回数やSNSのお気に入り(ファボ)数などが加味され、グランプリが決定されるとのこと。菊地が応募者2,788人の頂点を取ることも十分にありえそうだが、前出のアイドル誌編集はこう懸念する。

「2014年に児童ポルノ法が改正されたことで、現在は17歳以下の水着グラドルは各社とも胸の谷間や股間を強調するといった性的なカットは慎重な扱いを心掛けています。実際、改正後にAKB48は高校生以下のメンバーについてはグラビアで水着は着用しないというルールができました。もし菊地がグランプリを取っても、今の年齢では彼女の最大限の武器が封印されたまま中途半端な売り出しになってしまうかもしれません」

「Fカップ小学生」としてグラビア界に登場した紗綾のような売り出し方は、今の時代には難しい状況だけに、「15歳の巨乳グラドル」は宝の持ち腐れとなってしまうかも?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/25 10:00

『ミスマガジン2020』候補の“15歳巨乳アイドル”菊地姫奈に驚嘆と不安の声が…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

渡部建、復帰番組が打ち切りへ

「週刊文春」(文藝春秋)に複数女性との品性下...…
写真
インタビュー

『パラサイト』に瓜田純士は辛口

第92回アカデミー賞にて、ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』が4冠に輝いた。...
写真