日刊サイゾー トップ > カルチャー > YouTube  > マックスむらい、チャンネル休止

人気YouTuberマックスむらい、突然チャンネル休止発表のワケとは?

文=日刊サイゾー

YouTubeより

「好きなことで、生きていく」

 2014年、このキャッチフレーズで話題となったYouTubeのCMにも出演し、ゲーム実況で人気を博したYouTuberで実業家のマックスむらいが7月20日、自身のチャンネルを休止することを発表した。

 13年からほぼ毎日、休みなく更新されてきた同チャンネルだが、自分の中で一区切りをつけたいとの思いから休止に踏み切ったという。

 これを受け、視聴者からは、「休止に入るということで、非常にさみしく思います」「初めてチャンネル登録したのはむらいさんの動画でした」「絶対復活してください!」と、多くの応援コメントが寄せられている。

 一時代を築いたYouTuberであるむらい氏が、なぜチャンネルを休止してしまうのだろうか。YouTubeに詳しいライターがこう話す。

「むらい氏のチャンネル登録者数は152万人に対し、休止前の動画は1万回程度のものが目立ちました。やはり、最近は再生回数が伸び悩んでいることが原因の一つではないでしょうか。実は、今若者から大人気のYouTuber・ヒカルも、もともとはゲーム実況から注目され、そこから方向転換し現在のスタイルに至ります。彼は、『ゲーム実況だけではこの先やっていけない』と早々に判断し、お祭りの当たりくじの買い占めや、ぼったくりバーに潜入するなど様々な身体を張った企画にチャレンジし、その後大ブレイク。むらい氏には固定のファンが多いので、ヒカルのようにゲーム実況だけではく、少し方向性を変えてもっと動画を投稿してもらいたいですね」

 休止発表後の21日に投稿した動画では、iPhone12の商品レビューをしており、ファンからは説明がわかりやすいと大好評だそう。動画の更新頻度が下がったとしても、今後も元気な姿を視聴者に届けてもらいたいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/25 22:00
関連キーワード

人気YouTuberマックスむらい、突然チャンネル休止発表のワケとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真