日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 半沢直樹「第3話が勝負」の理由

愛之助登場も不安が!? 『半沢直樹』が絶好調スタートも「第3話が勝負」の理由とは?

文=日刊サイゾー

『半沢直樹』

 堺雅人の主演ドラマ『半沢直樹』(TBS系)の平均視聴率が、初回22.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)に続き、7月26日に放送された第2話も22.1%と大台越えを果たした。この数字は前作を上回るペースだという。

『半沢直樹』は池井戸潤の小説シリーズが原作。7年ぶりの続編となる今回は、シリーズの中から『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』が映像化されており、東京セントラル証券へ出向させられた半沢(堺)の下剋上を描いていく内容となっている。

「第2話では、大和田(香川照之)が半沢に対して『お・し・ま・い DEATH』と首をかっきるシーンがネット上で大反響。放送後、番組公式ツイッターも撮影スタッフの声として『笑いを堪えるのがなかなか大変でした』と明かしています。

 第2期の脚本は社会現象となった前作の八津弘幸氏から丑尾健太郎氏に変更されています。第2話での香川の登場は原作になく、このパワーワードもオリジナルのセリフ。おそらく、今作から悪役として出演している市川猿之助と共に、話題になるような奇抜なセリフや演出を毎回意図的に放り込むつもりなのでしょう」(テレビ誌ライター)

 香川の顔芸は見どころの一つとはいえ、『半沢直樹』があれほどウケたのは、あくまで重厚なストーリーがメインだったからこそ。その意味で、第3話が「本当の勝負」になりそうだと言う。

「第2話では前作で人気を博したオネエ口調の金融庁検査局・黒崎駿一を演じる片岡愛之助が登場します。黒崎も2期前半の原作には登場しませんから、必然、脚本にオリジナル部分が多くなる。“キャラ祭り”をやりすぎることでギャグドラマになってしまい、原作ファンや日曜劇場に付いている中高年層が離れていってしまう懸念もあります」(前出・テレビ誌ライター)

 第3話には、他にもスピンオフ『半沢直樹Ⅱ エピソードゼロ~狙われた半沢直樹のパスワード~』に出演した吉沢亮の出演も発表されている。半沢の部下役を好演している賀来賢人と共に女性ファンを虜にしそうだが、「顔」ではなく「ストーリー」で盛り上げていってもらいたいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/30 06:00

愛之助登場も不安が!? 『半沢直樹』が絶好調スタートも「第3話が勝負」の理由とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

「平野くん、グレープカンパニーは?」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真