日刊サイゾー トップ > 芸能  > 田中圭、多忙でも夜遊びは欠かさず

田中圭、ドラマ3本掛け持ち状態でも夜遊びは欠かさない? 超豪華な誕生日会の中身とは

文=日刊サイゾー

テレビ東京公式サイトより

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、スケジュールが大幅に変更されたドラマ界。その中で、奇しくも“3本掛け持ち”状態となったのが田中圭だ。

 そもそも、4月クールにスタートする予定だったフジテレビ系『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』とテレビ東京系『らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~』の2本に出演する予定だった田中。このうち『アンサング・シンデレラ』が3カ月遅れて7月18日にスタートし、『らせんの迷宮』についてはまだ初回が放送されていない状態だ。さらに、9月スタート予定のTBS系『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』への出演も決まっており、3作の撮影時期がかぶる可能性が高い状態なのだ。

「同じクールで2本のドラマを撮影する俳優はたまにいますが、3本同時進行というのは考えられない。しかも、どれも主要な役だからセリフも多い。コロナの影響で仕方ないとは言え、田中圭のスケジュール調整は困難を極めていますね。

『らせんの迷宮』は田中が主演なので、田中に合わせてスケジュールを組むことができますが、石原さとみ主演の『アンサング・シンデレラ』はそうもいかない。ただでさえコロナの影響があるのに、田中圭のせいでさらにスケジュールがイレギュラーになったとなれば、石原さとみのストレスも相当なものだと思います」(ドラマ制作会社関係者)

 7月30日発売の『女性セブン』(小学館)では、4月初旬のとある撮影日に、田中が二日酔いの状態で現場に現れ、石原がマジギレしたというエピソードが報じられた。

「スケジュールがかなりタイトになっている状態での二日酔いですからね。石原がキレるのも仕方ないですよ」(同)

 そんな田中圭だが、忙しいスケジュールのなかでも、しっかり飲みには出かけているという。芸能記者の話。

「田中は、元々夜遊びが大好きで、毎日のように飲んでいます。さすがに、今は忙しいから遊ぶ頻度も減っていると思いますが、それでも結構派手に遊んでるようです。ちょっと前に仕事仲間や友人を呼んで、田中の誕生日パーティーが開かれたんですが、それも司会進行を雇うほどの大きな規模だったようです。共演者の女性芸能人もいたみたいですよ。あれだけ忙しいのに、そういうパーティーを開くんだから、本当にタフですよね。ただ、このご時世なので“密”になっていなかったか、心配する関係者も多いんですけどね」(芸能記者)

 もしも、3本掛け持ち状態の田中圭が新型コロナウイルスに感染しようものなら、とてつもなく大きな影響が出てしまうだろう。感染対策だけはしっかりしてほしいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/02 15:00

田中圭、ドラマ3本掛け持ち状態でも夜遊びは欠かさない? 超豪華な誕生日会の中身とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真