日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 小倉優香、降板トラブルのカギ

「辞めさせてください!」小倉優香、降板トラブルのカギを握る“敏腕プロデューサー”とは?

文=日刊サイゾー

小倉優香(エイジアプロモーション公式サイトより)

 先月、MBSラジオの生放送中に突然「辞めさせてください!」と直訴したグラビアアイドルの小倉優香。騒動は収まりそうにもない。

 一部メディアでは、連日のように小倉の“暴走ぶり”を報道。「マネージャーを無視して帰宅」「番組スタッフが激怒」など、その場にいた人間しか知り得ない話が、ふんだんに盛り込まれている。

 芸能関係者は、「明らかにMBS側から情報を入手して書いているのではなく、印象としては『事務所サイドが書かせている』感は否めません。今後、どう決着するかわからないが、小倉の恥部をさらけ出させようとしているフシすらある」とみている。

 別の芸能プロ幹部も「小倉の発言が完全に事務所サイドの逆鱗に触れたことによる報復措置ですね。今後、週刊誌で小倉の男性関係などが露呈する可能性もある」と指摘する。

 今回の件は事務所とMBSラジオ側で協議されているようだが、芸能プロ幹部は「この道30年のベテランプロデューサー・X氏の手腕にかかっている」と話す。

 若手時代からラジオ制作に携わったX氏は現在、同局のラジオ番組において、東京で制作されている総責任者として携わっている。

「ジャニーズからバーニングまで、とにかくどの事務所とも全方位外交できるのはかなりの強み。無名でも才能を見抜いては番組に抜擢するため、恩を感じたタレントがブレイク後もX氏を慕って番組出演が決まることが多い」(前出・芸能プロ幹部)

 これまでも出演タレントのあらゆるトラブルについてその都度、解決の糸口を探ることが多かったという。

「最終的には、そのX氏が今回の件をどうまとめるか次第にかかっている。X氏も見放したら、それこそ芸能界での再起は不能に陥る」(同)

 決して表に出ることはないX氏は、今回のトラブルをどう裁くのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/03 18:00

「辞めさせてください!」小倉優香、降板トラブルのカギを握る“敏腕プロデューサー”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

【再掲】下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真