日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小倉優香の降板はセクハラが原因?

小倉優香はセクハラで降板!? 格闘家カレシの援護射撃で批判の矛先がケンコバら共演者へ

文=日刊サイゾー

小倉優香(エイジアプロモーション公式サイトより)

 辞めた理由はセクハラだった?

 グラビアタレントの小倉優香が水曜レギュラーを務める8月5日放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』を欠席することがわかった。小倉は7月29日の生放送で、早寝早起きの生活リズムを理由に「辞めさせてください」と降板を直訴していた。

 身勝手に仕事を投げ出した小倉には批判が飛び交ったが、ここにきて風向きが変わりつつあるという。

「8月3日のニュースサイト『LITERA』が、小倉の降板について、ラジオで共演者していたケンドーコバヤシやアンガールズからのハラスメントトークや、田中卓志考案の罰ゲームが原因だったのではないかと指摘。すると同日、小倉と半同棲中と報じられている格闘家でユーチューバーの朝倉未来がこの記事をツイッターに引用し、『あらら、かわいそうに こんな世の中では困ってしまいますね』と投稿したのです。このことから、本当は番組のセクハラが嫌で辞めたのでは、との見方が広まっています」(芸能記者)

 実際、小倉は若い女性に卑猥な言葉や下品な言葉を口にさせて楽しもうという趣旨の罰ゲームを2週連続で拒否。しかし、3週目の29日になってついに罰ゲームをやり、その日に降板を申し出ている。

「小倉は昨年、わずか1年でグラビア卒業を電撃表明、もともと性的に見られることが嫌なタイプでしたから。番組でのセクハラが直訴の引き金になった可能性はありそう。共演しているAKB48・柏木由紀はアンガールズ・田中卓志も『(シャワーを)物凄い水圧で、おっぱいにぶつけたりすることある?』といったセクハラ口撃を受けていました。柏木は受け流す技術を持っていましたが、小倉には耐えられなかったのかもしれません。ネット上では批判の矛先が小倉からケンコバとアンガールズら共演者たちに向かいつつあります」(前出・芸能記者)

 朝倉は「月収4,000万円」「40歳までに10億円貯金する」と明かす成功者。今回のツイートは「安いラジオなんかやらなくても自分が守る」という意思表示だったのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/05 18:11

小倉優香はセクハラで降板!? 格闘家カレシの援護射撃で批判の矛先がケンコバら共演者へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真