日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 辛坊治郎、コロナ禍で再浮上へ

パワハラ降板も影響なし!? 辛坊治郎、コロナ禍で再浮上「政界関係者と強力なパイプも」

文=日刊サイゾー

『深層NEWS』(BS日テレ公式サイトより。現在は削除)

 元読売テレビアナウンサーの辛坊治郎が、コロナ禍で再起をかけて存在感を高めている。

 12日には情報番組『グッとラック!』(TBS系)に出演。立川志らくが夏季休暇ということもありこの日は代打出演となったが、玉石混交の新型コロナウイルス情報については「本音と建前、両方混ぜて話すから(どちらなのか)当てて!」と共演者や視聴者に問いかけた。これには国山ハセンアナも「やっぱり、辛坊さん凄い! 何でも知ってる。いったい何者!?」と同業の先輩とは思えない博学ぶりに驚きを隠せない様子だった。

 民放テレビ局情報番組スタッフは「辛坊さんが強いのは、良きにせよ悪いことにせよとにかく意見を振り切って投げかけるスタイルを貫いている。当たればそれでOKだし、ダメでももともと両極端な人という認識が視聴者にもあるので、話半分で聞いておけばいいという心構えで見られるのが評価されている。変に忖度がない点も助かる」と話す。

 また、『そこまで言って委員会NP』(読売テレビ)などを起点に、常に永田町関係者と接触することが多い上に「政界関係者と強力なパイプがある年の近い男性のブレーンを持っていることが一番大きい。だから安倍政権の本音はもちろん、周りの風向きもある程度読めるのでどこまで踏み込んでやっても大丈夫か分かっているのも強み」と明かす。

 パワハラ問題が浮上して『深層NEWS』(BS日テレ)を今春に降板後、7月からは『辛坊治郎ズーム そこまで言うか!』(ニッポン放送)でラジオながら帯のレギュラー番組をしっかりゲットしている辛坊。かつては大阪府知事選に出馬するとも噂された男はただ者ではない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/14 06:30

パワハラ降板も影響なし!? 辛坊治郎、コロナ禍で再浮上「政界関係者と強力なパイプも」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真