日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 菅田将暉と小松菜奈の熱愛報道

菅田将暉、コロナ禍で小松菜奈との熱愛報道がすっかりうやむやに…現在はどうなった?

文=日刊サイゾー

菅田将暉

 俳優の菅田将暉と女優の小松菜が11日、東京・恵比寿ガーデンホールで行われたW主演映画『糸』(21日公開)の完成報告会に出席したことを、各スポーツ紙などが報じた。

 同作は、歌手・中島みゆきの代表曲『糸』を原案に、菅田と小松が演じた平成元年生まれの男女の出会いと別れを描くラブストーリー。当初は4月に公開予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期となっていた。

 もはやすっかり忘れ去られてしまったが、4月の公開前には今年3月に一部スポーツ紙で熱愛が報じられて以来、この日が初めての公の場での2ショットとなったのだが……。

「熱愛報道から時間が経っていなければこの日の2ショットは話題になっていたでしょう。しかし、世間のみならず、メディアからもすっかり忘れ去られてしまっているので、2人の退場の際、直撃しに行くメディアもなかった」(報告会を取材したテレビ関係者)

 菅田と小松は今作で3度目の共演。熱愛を報じた記事によると、2人の出会いとなったのは、2015年5月から行われた『ディストラクション・ベイビーズ』(16年5月公開)の撮影で、同年秋には『溺れるナイフ』(16年11月公開)の撮影に入って親交を深めたのだとか。

 そして、今作の撮影をしていた昨年秋に菅田から猛アタックで交際に発展。菅田は周囲に「結婚したい」と明かしていると報じられていた。

「菅田はこれまで本田翼、二階堂ふみ、菜々緖、あいみょんらとうわさになっったが、“友達以上恋人未満”にライトな関係で『一度くらいは深い仲になっているだろう』という程度のそう深くない関係。一方、小松はもともと追っかけだったBIG BANGのG-DORAGONに猛アタックして交際に持ち込んだほどで、なかなかのイケメン好き。製作サイドが仲のいい2人を番宣に利用したとささやかれていました」(芸能記者)

 どうやらすでに熱愛報道の“番宣効果”は期限切れになってしまったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/14 06:00

菅田将暉、コロナ禍で小松菜奈との熱愛報道がすっかりうやむやに…現在はどうなった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

千鳥・大吾とテレビの中のパンティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真