日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 安倍政権批判殺到でもGoToゴリ押し

GoToトラベルは結局五輪のため? 批判殺到でもゴリ押し続ける安倍首相の“想い”

文=鷲尾香一(わしお・こういち)

GoToトラベルは結局五輪のため? 批判殺到でもゴリ押し続ける安倍首相の想いの画像1
安倍首相。

 GoToトラベルキャンペーンに対する批判が高まり、一方では「帰省の自粛」を求める地方自治体が増えるなど、政策の“チグハグさ”が目立つ安倍晋三政権。それでも、安倍首相にはGoToトラベルキャンペーンにかける“強い想い”があるようだ。

 日本国内における新型コロナウイルス感染者数5万人が目前に迫り、メディア各社の世論調査では、安倍政権の内閣支持率は第2次安倍政権の発足以来、最低となっている。特に新型コロナウイルス対策に対しては「評価しない」が過去最高となるとともに、GoToトラベルキャンペーンに対しても「評価しない」「適切ではなかった」が圧倒的多数を占めている。

 8月6日、通常国会閉会翌日の6月18日を最後に行っていなかった記者会見を49日ぶりに平和記念式典で訪問した広島市で行った安倍首相は、GoToトラベルキャンペーンについて、「ウィズ・コロナの時代の安全で安心な新しい旅のスタイルを普及・定着させていきたい」と継続する意思を表明した。

 確かに、新型コロナウイルスの感染拡大でいち早く影響が現れ、もっともダメージが大きかったのは、観光業や飲食サービス業だ。その上、宿泊・飲食サービス業は非正規雇用の比率が76.5%と極めて高く、全国規模の支援策が必要だ。

 だが、安倍首相が内閣支持率を下げても、GoToトラベルキャンペーンがどれだけ不評を買っても、地方自治体から反発を受け「帰省自粛の要請」が出るなど、国と地方が“不協和音”を奏でても、そして、キャンペーンの対象から東京を除外してまでもGoToトラベルキャンペーンを強行に実施するのには、「別の想いがある」(永田町関係者)という。それは、2021年の東京オリンピック・パラリンピック開催への“下準備”だ。

 5月3日に拙稿「安倍首相はなぜ『五輪延期』踏み切れずコロナ対策が遅れたのか? 在任9年で“ほぼ実績なし”の現実」で、すでに安倍首相の通算在職日数は日本の首相として、歴代1位になっており、これまでの通算在職日数が上位の首相は、いずれも歴史的な業績を残しているが、安倍首相にはそれがない。

 安倍首相が歴史的な業績として狙っていたのは「憲法改正」だったが、それは遅々として進まず、「北方領土返還」も「北朝鮮拉致問題の解決」も一向に解決の糸口さえ見えない状況だ。残された唯一の業績は「東京オリンピックの開催」しかなくなっていると指摘した。

 そして、安倍首相が今、“頑な”にGoToトラベルキャンペーンの実施に拘る点に関して、永田町関係者は、「旅行を再開させることにより、新型コロナウイルス感染拡大の影響が懸念される状況でも、東京オリンピック開催を可能とするための下地作りを狙ったものではないかと見ている」という。

 確かに、GoToトラベルキャンペーンに世論の目が向いているため、ほとんど知られていないが、外務省はインバウンドの再開のため着々と準備を進めている。

 外務省のホームページには6月18日には「国際的な人の往来再開に向けた段階的措置」が発表され、7月22日には「国際的な人の往来の再開等」が発表されている。これにより、大使館関係者やビジネス上必要な人材を対象者として海外渡航が始めっている。

 さらに、7月22日には、8月5日から日本の在留資格を持つ駐在員や留学生らの再入国を開始させた。今後、周辺各国と往来の再開に向けて本格的な協議を開始する方針だ。そこには、徐々にではあるが海外との往来を再開していくことで、インバウンドの再開に結び付けていきたいという意向が透けて見える。

 何よりもインバウンドの再開こそが、「東京オリンピックの開催を可能とする必須条件となる」からだ。つまり、新型コロナウイルスと東京オリンピックの開催が共存できる状況を作り上げることが何よりも重要となる。

 だが、新型コロナウイルスは世界的な感染拡大が続いており、未だに治療薬もワクチンもない。その上、新型コロナウイルスが世界各地で、様々な性質に変容しているとの研究結果も出ている。

 東京オリンピックを開催すれば、世界中から様々なタイプの新型コロナウイルスが入ってくる可能性がある。果たして、現在の国内の医療体制でこうした事態に対処できるのだろうか。

 安倍首相の自民党総裁任期は、2021年9月。自民党党則を改正して、安倍首相が続投する可能性もあるが、自民党総裁=首相として歴史的な業績を起こすためには、東京オリンピックの開催は、任期中の最後のチャンスだ。果たして、安倍首相は東京オリンピックの開催に“漕ぎ付ける”ことができるのだろうか。

鷲尾香一(わしお・こういち)

鷲尾香一(わしお・こういち)

経済ジャーナリスト。元ロイター通信の編集委員。「Forsight」「現代ビジネス」「J-CAST」「週刊金曜日」ほかで執筆中。

記事一覧

Twitter:@tohrusuzuki

最終更新:2020/08/14 15:00

GoToトラベルは結局五輪のため? 批判殺到でもゴリ押し続ける安倍首相の“想い”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

志村けんと噂になった女性たち

 先日、阪神・淡路大震災から26年目を迎えた...…
写真
インタビュー

Kダブ語るトランプ「忖度しない型破りな政策」

 パート1では、Kダブシャインがトランプを支持するまでの経緯を見たが、本稿ではさらに...
写真