日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『半沢直樹』ツッコミどころ満載

不自然な株価、あり得ない情報管理…『半沢直樹』はツッコミどころが満載!?

文=日刊サイゾー

『半沢直樹』(TBS公式サイトより)

 堺雅人が主演を務めるドラマ『半沢直樹』(TBS系)が、16日放送の第5話から『銀翼のイカロス』編に突入。出向先の東京セントラル証券から東京中央銀行本店に戻ったことで、さらなる高視聴率が期待できそうだ。

 前作では、クライマックスシーンの会議室に撮影カメラマンが映り込んでいた痛恨のミスが発覚しているが、今作は内容に関してツッコミたくなるシーンが多いようだ。

「スパイラルとフォックスが手を組み、急にスティーブ・ジョブズみたいな人物が出てきたと思ったら、スパイラルの株がグングンと伸びていきましたが、現実であんなニュースが出たら特買からのストップ高で引けます。『半沢直樹の株価の上がり方不自然極まりない』と、投資家たちは冷笑するしかなかったようです」(テレビ誌ライター)

 とりわけ、多かったのが作中の情報管理のあり得ない甘さだという。

「伊佐山部長(市川猿之助)の電話1本で、本社のサーバーからメールの受信記録ごと削除。こんなこと、部長の身分でできることではないでしょう。さらに、仕事帰りに、半沢と森山(賀来賢人)が居酒屋で重要な社内資料を開き作戦会議しているのも『盗まれたらどうするの?』との声が殺到。極めつきは、半沢がフォックス買収計画書を秘密ファイルに隠したシーン半沢は鉄壁なセキュリティだと自負していましたが、パスワードはアルファベットのみの6文字。普通なら英数・記号を合わせて最低でも12文字以上でしょう」(芸能ライター)

 別のテレビ誌ライターはこう語る。

「前作から7年越しの続編ですが、物語の中ではそこまで時間はたっていない。その間に登場人物は全員ガラケーからスマホに機種変し、『もう若くない』『オジサンなんだから』と老けアピール合戦に。銀行のお偉方が目障りな半沢潰しに躍起になっているが、その半沢に重要な社内情報をリークしまくる渡真利(及川光博)には誰も圧力をかけてこないのも不思議です(笑)」

 前作から脚本家が交代になったせいか、確かに本筋に影響しない細部は粗い気もする。後編には小沢一郎や蓮舫がモデルと言われる新キャラが登場するが、どんなツッコミどころが待っているだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/15 06:06

不自然な株価、あり得ない情報管理…『半沢直樹』はツッコミどころが満載!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

“町おこし”で地方がダメになる?

 いま日本の各地で「地方創生」が注目を浴びている。だが、まだ大きな成功例はあまり耳に...
写真