日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 田中みな実、移籍は自爆行為

自爆行為!? 田中みな実、女優事務所への電撃移籍も“端役オファー”に耐えられるか

文=日刊サイゾー

田中みな実

 元TBSアナウンサーで現在はフリーの田中みな実が、広末涼子や有村架純らが在籍する大手芸能事務所に移籍することが分かった。

 2014年9月にTBSをた退社後、田中は宮根誠司らが所属する事務所に入り活動。バラエティー番組のMCなどを中心にやってきたが4月クールのドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系/ABEMA)ではクセのある役どころを熱演し話題を呼んでいた。

 本人は「新たな分野に挑戦したいという意欲に駆られました。新しい環境に身を置き、より一層自身を追求し邁進していく所存です」と公式サイトで意気込みを語っているが芸能関係者からは「大胆な路線変更したね」という声や「この先大丈夫なのか」といった声が聞かれる。

 ある芸能プロ幹部は「一端のフリーアナウンサーだけでは満足しきれなくなったのでしょうね。局アナ時代も魅せることを念頭にやっていた田中アナですから、そうしたことはごく自然。ただ、キャスターメインの事務所ではどうしてもバックアップ不足になりがち。ドラマ、映画などより演技をメインにした事務所にいた方が仕事も入りやすくなると踏んだと思う」と分析する。

 一方で別のテレビ局関係者からは「下手したら自爆行為にもとられかねないですよ」と厳しく見ている。

「ドラマ『M』は話題にもなったし、本人も女優業として自信をつけたのでしょうが、問題はいきなり主演、あるいは2番手の役はなかなか来ないということ。連ドラで広末、有村、戸田恵梨香らが主演を務めればバーターでねじ込める可能性はあるが、それまでは端役でのオファーも多くなる。それに耐えて着実に経験を積み重ねられるか。ここが女優としての第一歩となる」(同)

 畑違いのジャンルに進出する田中にとって、運命の分かれ道となりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/16 18:00

自爆行為!? 田中みな実、女優事務所への電撃移籍も“端役オファー”に耐えられるかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

人口流出の自治体がみるべき現実

 いま日本各地で注目を浴びる「地方創生」。2020年からは、政府が策定する「まち・ひ...
写真