日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 田中みな実の第2弾写真集

田中みな実の第2弾写真集をめぐって3社が激しい争奪戦、あの名物社長も参戦か

文=日刊サイゾー

テイクオフ公式サイトより

 ドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)で眼帯をつけた怪演も話題となり、今やフリーアナウンサーという枠を超えて活躍している田中みな実。その勢いはまだまだ収まる気配がないようだ。

「7月25日に放送される『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)の第3弾が決定し、弘中綾香アナと田中の共演に注目が集まっています。田中は同番組の公式インスタグラムで“あざといダンス”を披露。それが評判を呼び、番組の知名度アップに貢献しています。田中はインスタライブなどを使って上手に番組を告知してくれるため、テレビマンから重宝され、コロナ禍で出演者の数を絞ることになっている現在でも出演依頼はひっきりなしです」(芸能関係者)

 一方、出版界に目を向けると、水面下では激しい「田中争奪戦」が繰り広げられているという。

「写真集が60万部超えの大ベストセラーになった田中ですが、ここにきて第2弾に関する情報が飛び交っています。手を挙げているのは3社。まずは、前作を発行した宝島社。しかし、可能性は薄い。というのも、担当した女性編集者は石原さとみの写真集の金銭トラブルにより同社を退社することに。現在は講談社のアーティスト企画部と業務委託契約を交わし、正式に移籍することになりました。当然、田中との個人的な繋がりを期待してのことでしょうから、講談社から“厳命”が下っているはず。そして、そこに割り込んできたのが幻冬舎。ドラマ『M』の原作本を手掛けたことで田中とのパイプができた。名物社長が『金に糸目は付けない』と直々に口説きにかかっていると聞きます」(出版関係者)

 もし実現するなら、前作超えの“あざとい露出”を期待したいが……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/20 00:00

田中みな実の第2弾写真集をめぐって3社が激しい争奪戦、あの名物社長も参戦かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

『i 新聞記者』森達也がぶっちゃけ

 国境なき記者団が発表する世界180カ国・地域を対象とした「報道の自由度ランキング」...
写真