日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > テレビ局の読み合わせに問題点

リモート出演が増えるテレビ局、コロナ禍でもやめられない“読み合わせ”の問題点

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:medetai

 新型コロナウイルス感染拡大防止を受けて、現在もリモート出演などで対策を取っているテレビ番組。だが、根本的に解決できない面を常に抱えていると関係者は指摘する。

 平日昼帯に放送されている『ひるおび!』(TBS系)では、現在も一部コメンテーター陣がリモート出演したままで「18日放送分では大阪在住のジャーナリスト、大谷昭宏氏とタレントのバービーがリモート出演。大谷は関西在住で在阪テレビ局の報道番組にはスタジオから生出演、バービーも外ロケの番組収録に参加しているといいますが、大阪と東京の移動の問題や、事務所の意向なども踏まえての判断だと思いますね」(在京テレビ局情報番組スタッフ)

 出演者やそのマネージメントスタッフが局に来ない分、罹患リスクが少しでも減る面もあるというが、別の在京テレビ局のワイドショーデスクは「それでも危険が完全に回避できたかといえば、それは違う」と明かす。

「防音問題で密閉状態のスタジオ、スタッフが多く密集しやすい、風通しが悪い密室になりやすいテレビ局はまさにコロナへの対応がどうしたって緩くなってしまう部分はあります。特に危惧されているのは出演者がVTRに合わせて原稿を確認する、いわゆる“読み合わせ”と呼ばれるもの。

 これをやらないと決められた時間通りに原稿を読み切れませんし、下手すれば誤った形で番組が進んでしまう。だからといって、読み合わせをリモートでできるわけもないですし、ディレクターなどと密集する形で常にやってますし、今後もやらざるを得ないのが現実です」

 スタジオなど見えるところだけでソーシャルディスタンスをアピールしてもその裏側ではどうしようもない現実を突きつけられながら日々、放送されているということを忘れてはならない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/20 12:12

リモート出演が増えるテレビ局、コロナ禍でもやめられない“読み合わせ”の問題点のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

 イクメンという言葉はもはや陳腐化し、男性が育児参加するのは当たり前という風潮が高ま...
写真