日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 加藤浩次、吉本興業猛批判の根拠

加藤浩次、「映像を削除しちゃいけなかった」山本圭壱のコロナ感染で吉本興業を猛批判の根拠

文=日刊サイゾー

加藤浩次(吉本興業公式サイトより)

 お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が再び怪気炎を上げて注目を集めている。

 自身がMCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)17日の放送で、YouTube生配信をしていた相方の山本圭壱ら芸人4人が新型コロナウイルスに感染した件について、その配信映像をチェックしたことを明かし「感染対策してない」と指摘。

 山本は自身の公式SNSで直筆のお詫び文を掲載しているが、一部で漢字間違いを指摘する報道が出ており「相方としてそこはちゃんとしてほしい」「厳重注意したい」と語気を強めた。

 その上で、やはり問題点として挙げたのは映像を削除したことだという。収録に参加した芸人からは事務所の指示で削除したことが明かされているが「居酒屋とかで普通にある光景。この場合にクラスターになると(注意喚起として)吉本は削除しちゃいけなかったと思う」と疑問を投げかけた。

「すでに“軍団山本”のロンドンブーツ1号2号の田村淳も同じことを指摘しており、より身内である加藤が声を上げたのは大きい。加藤は現在、吉本とエージェント契約を結んでいる関係のため言いやすかった面もあるのでしょうが、このような事務所批判につながったのは危機管理能力があまりに乏しいと判断したからでしょうね。彼自身、昨年は闇営業問題で吠えてみせ、一時は立場が危うくなったわけで、それこそワイドショーのメインキャスターという立場柄、危機管理能力が問われたこともありました。こうした背景がありながらも、組織として対応が間違っていると指摘せざるを得ないほどのずさんな状況だったと考えられます」(お笑い関係者)

 加藤自身もいつ、新型コロナウイルスに感染するかわからない。その危機感の表れが今回の批判につながったのだろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/19 06:30

加藤浩次、「映像を削除しちゃいけなかった」山本圭壱のコロナ感染で吉本興業を猛批判の根拠のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!?

 新型コロナウイルス感染拡大の騒動により、すっかり忘れ去られてしまった感のある東京オ...
写真