日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 江口のりこが乳首を晒した問題作

『半沢直樹』“白スーツ大臣”江口のりこが乳首を晒していたR-18の「問題作」とは?

文=日刊サイゾー

江口のりこ(ノックアウト公式プロフィールより)

 堺雅人の主演ドラマ『半沢直樹』(TBS系)第5話が8月16日に放送され、平均視聴率25.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。「令和No.1ドラマ」の称号をゲットした。

 どこまで視聴率を伸ばすのか後半戦も楽しみだが、注目なのが半沢の敵役で登場した国土交通大臣・白井亜希子を演じる江口のりこだ。

「初登場となった第4話では真っ白なスーツに身を包み、大臣の就任の挨拶のために登壇。報道陣から『白井大臣の抜擢は次の選挙を見据えた票集めではないか』との質問が飛ぶと、江口はすかさず『選挙? それは…い・ま・じゃ・な・い』と切り返した。視聴者に強烈なインパクトを与えたことで、ネット上は『モデルは蓮舫?小池百合子?』『お・も・て・な・しのパクリじゃん』と大盛り上がりとなりました」(テレビ誌ライター)

 現在40歳の江口はベンガル、柄本明に憧れて上京。2000年、柄本が座長の劇団東京乾電池で研究生に合格。02年に三池崇史監督の『桃源郷の人々』で映画デビューを飾り、04年、タナダユキ監督の『月とチェリー』で映画初主演している。

 さらにドラマ『時効警察』(テレビ朝日系)、『これは経費で落ちません!』(NHK総合)、『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)などの出演で、個性派女優として知名度もうなぎぼりだ。

 そんな江口が実は「脱いでいた」ことはあまり知られていない。映画ライター言う。

「13年の映画『戦争と一人の女』で、小ぶりながら感度の良さそうなバストの頂を晒しています。元文部官僚で映画評論家の寺脇研氏が初企画&プロデュースに挑んだ文芸エロス映画で、“ほとんど濡れ場”というR-18の問題作。江口は第2次大戦末期から戦後の日本で、時代に絶望した作家(永瀬正敏)の愛人を演じています。

 売春宿育ちで不感症になり、性に奔放。作家と昼夜問わず愛欲にふけり、帰還兵の激しいピストン責めでエクスタシーを感じ喜びを取り戻すという難役でしたが、当時のインタビューでは『普通に“おはようございます”などと言う芝居の方が難しいんですよ。セックスシーンは相手がいて肌と肌をふれ合わせてやるから、自然とできちゃうんです。ご飯を食べるのと同じ』と語っています」

『半沢直樹』でさらなる飛躍が期待されるだけに、脱ぐタイミングは、い・ま・で・しょ!?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/19 22:00

『半沢直樹』“白スーツ大臣”江口のりこが乳首を晒していたR-18の「問題作」とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

瓜田純士『ジョーカー』を大絶賛

 映画『ジョーカー』(トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス主演)が世界各...
写真