日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 野球脳サバイバルナイターが大不評

ただのギャンブル!? 日本テレビ『野球脳サバイバルナイター』が“クソ企画”認定

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 これほど大不評だとは「予想」できなかったのだろうか。

 8月20日、日本テレビがた巨人-阪神戦の中継で『野球脳サバイバルナイター』を実施。次のバッターの結果を予想し、的中すればポイント獲得、外すと脱落するというルールで、山本浩二、江川卓、中畑清、高橋由伸、赤星憲広の解説人に、22、23日放送の『24時間テレビ』総合司会の羽鳥慎一、視聴者代表のクイズ王・伊沢拓司が加わり、「野球脳No.1」を賭けて争った。

 最後は高橋が累計ポイントで中畑、伊沢に競り勝ち、初代王者となったが、ライトな視聴者からは「面白かった」との声も聞かれたが、ネット上では野球ファンからのブーイングが殺到。

「日テレへの苦情って どこに言うたらえーーん? 二度とやめてほしい」「野球は 予想クイズ番組ちゃう‼ バカにしてんのか‼」「純粋に野球中継見たいのに、野球脳サバイバルナイターとかワイプも邪魔だし予想とかもいらない」「解説陣が予想を楽しむためにあるのではない」などと苦情コメントのオンパレードとなっている。

「企画を聞いたとき、どんな分析を戦わせてNo.1を決定するのかと興味津々でしたが、クイズにもならないただのギャンブル。野球賭博のような雰囲気すらありましたね。解説というのは、予想よりもいかに視聴者にわかりやすく選手の意図や状況、すごさを伝えるかが重要。予想ゲームならバラエティ番組でやるべきでしょう。

 ルールもぐだぐだで、最後は累計ポイントでの勝負となりましたが、事前に現在のポイントが知らされることはなく、突然、高橋の優勝が報告されたのも拍子抜け。しきりにポイントを気にして勝つ気マンマンだった中畑があっさり矛を収めたのも、単なるお遊びだと感じていたからでしょう」(スポーツ紙記者)

『24時間テレビ』を盛り上げるための試みだったのかもしれないが、「第2回は勘弁してくれ」というのが大方の野球ファンの気持ちのようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/22 12:30

ただのギャンブル!? 日本テレビ『野球脳サバイバルナイター』が“クソ企画”認定のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

青木真也が語る、コロナ禍での海外遠征

 格闘技界において、変わらぬスタンスを貫き通している青木真也。  もはや説明不要のキ...
写真