日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > GACKTが激怒したMステの内容

それは失礼すぎ!? GACKTが激怒でドタキャンしたテレ朝『Mステ』の番組内容とは?

文=日刊サイゾー

GACKT

 多くの視聴者が楽しみにしていたはずだった。

 新たな“ドタキャン事件”が発生際したのは、8月21日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)。出演予定だった歌手のGACKTは同日、自身のYouTubeチャンネルで出演をキャンセルした理由を明かした。

 GACKTによると、番組側から「夏歌のカバーを出演者で歌って欲しい」とのオファーを受け、快諾していたとのこと。ところがその後に発表された放送内容に違和感を覚えたため確認を入れたところ、自分の認識とはズレがあったため、「ちょっとそれは失礼なんじゃないの? ということで、今回はじゃあお断りさせていただきます、ということとなりました」と説明している。

「確かに、発表されていた番組内容を見ると、『夏の名曲!「大塚愛プラネタリウム&キマグレン復活」』大塚愛/「プラネタリウム」/キマグレン/「LIFE」とあります。これを見てわかるとおり、出演者で夏歌を歌うのは大塚愛とキマグレンの2人だけで、しかも『プラネタリウム』『LIFE』はそれぞれ2人の持ち歌です。GACKTは当然、『カバー曲じゃないの?』と首をかしげたはず。これだと、自分1人だけが唐突に他人の曲を歌わされることになりますから、失礼と感じたのもわかります」(テレビ関係者)

 これを受け、ネット上では「最近のMステの企画はちょっと無理やりな物が多い」「くだらないランキングとかもいらないし、少しのトークと曲をフルでやったら音楽好きの視聴者は観るはず」「視聴率悪いのか、いろいろやってるけどミュージシャン以外の人が出てるの違和感ある」など、『Mステ』の演出への不満が続出している。

「過去には、2003年にロシアのガールズユニット『t.A.T.u.』が冒頭のトークだけ出演してドタキャン。司会のタモリも『t.A.T.u.が出たくねぇと……』と困惑しきりでした。また、11年には浜崎あゆみがラスベガスから帰国せずに出演を取りやめに。体調不良ということになっていましたが、指定席だったトリがAKB48だったのが気にいらなかったからとされています。しかし、今回のGACKTの件については明らかに番組側の不手際。視聴者からの不満の声を聞くにつけ、スタッフの質が落ちている感は否めません」(芸能記者)

 YouTubeチャンネルにて、GACKTは番組で披露するはずだった『島唄』をアカペラで熱唱。その歌声はさすがの“一流芸能人”だった。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/23 10:00

それは失礼すぎ!? GACKTが激怒でドタキャンしたテレ朝『Mステ』の番組内容とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

『表現の不自由展』の裏側

 今年開催された国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2019』に出店された『表現の不自由...
写真