日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 24時間テレビ不可解ルールに唖然

走った分だけランナーの負担額が増える!? 『24時間テレビ』の不可解ルールに視聴者が唖然

文=日刊サイゾー

日本テレビ公式サイトより

 彼女たちは何のために必死で走っていたのだろうか?

 8月22、23日に放送された日本テレビ系の恒例番組『24時間テレビ』。今年はコロナ禍で従来とはまったく違う放送スタイルとなったが、とりわけ“奇妙”だったのがマラソン企画だった。

「コロナの感染予防の観点から公道を走るのを止めて、私有地を周回することになった。走るのは五輪金メダリストの高橋尚子が結成した『チームQ』。土屋太鳳、吉田沙保里、陣内貴美子、松本薫、野口みずきが順番に力走し、1周5キロのコースを周回するごとに10万円を募金する『募金ラン』を実施しました」(テレビ誌ライター)

 しかし、募金するのは力走したランナー自身。そのため、視聴者からは「頑張って走った分を『本人』が寄付するというのは意味が分からない」「走れば走るだけ、本人の負担額が増えるので、応援してよいものかどうか」「視聴者はどんな気持ちで見ていたら良いのでしょうか?」「本人もどういうモチベーションで頑張れば良いの?」との声が続出し、不可解なルールに唖然とした人が多かったようだ。

「チャリティ番組と言いながらも、出演したランナーには高額ギャラが払われていますから、懐が痛むわけではない、しかし、日テレにはチャリティとは関係なくスポンサーから協賛金がガッポリ入るわけで、本来なら番組の収益を全額寄付し、出演者はノーギャラというのがチャリティ番組のあるべき姿。特に今年は、日テレの売上予算必達のために強行した感がありあり。走った分だけ日テレが寄付すのならわかりますが、激走したランナーからむしり取ろうというのでは、共感を得られにくい。さらに、5キロ10万円という金額設定も庶民感覚からかけ離れている気がしましたね」(前出・テレビ誌ライター)

 炎天下の中、不可解なルールで無理やり走らせる必要はあったのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/24 12:00

走った分だけランナーの負担額が増える!? 『24時間テレビ』の不可解ルールに視聴者が唖然のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教える自然災害×コロナ回避法

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真