日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > NHK紅白ステイホームで高視聴率

司会はあの男に内定!? NHK紅白歌合戦、コロナ対策を徹底「ステイホーム」で狙う高視聴率

文=日刊サイゾー

NHK放送センター

 新型コロナウィルスの感染拡大によりコンサートやイベントが中止になるなど、未曾有の危機的状況となっている音楽業界。

 そんな音楽業界を少しでも元気づけようと、最近はテレビ各局とも音楽特番の放送が目立っているが、NHKが今年の放送に向けて例年以上に気合を入れているのが暮れの音楽の祭典『NHK紅白歌合戦』だ。

「コロナ禍の影響でフジテレビの『27時間テレビ』やTBSの『オールスター感謝祭』といった大型番組が放送中止となる中、NHKサイドはかなり早い段階から今年の放送を視野に入れていました。同じ大型番組ということでクラスター対策の参考にしようと、番組スタッフが先日に日本テレビで放送された『24時間テレビ』を非公式で視察するなど、例年にない動きも見せています」(テレビ誌編集者)

 NHKサイドの鼻息が荒い背景には、「こんな時だからこそ歌の力をアピールしたい」、「音楽業界を盛り上げたい」といった理由以外にシビアな計算もあるという。芸能ジャーナリストの竹上光氏はこう語る。

「国民から集めた受信料で番組制作を行っているNHKにとって『紅白』の視聴率アップは常に至上命題です。そんな中、いまだにコロナ禍が続く今年の年末年始は多くの国民が“ステイホーム”する可能性が高く、自然とテレビの視聴機会も増えることが予想されます。当然、大みそかの『紅白』についても例年以上に高視聴率を獲得できるチャンスとも言えますからね。NHKサイドが気合を入れるのもうなづけます」

 そうした中、毎年注目を集める「紅白」の総合司会には早くもあの人物が“内定”しているようだ。

「今年の総合司会も昨年に続き内村光良さんになるともっぱらです。今年の『紅白』はコロナ対策が徹底されることになるけど、総合司会に関しては番組の流れや裏舞台を知る経験者に任せた方が断然有利ですからね。実際、今夏に放送され、“ウィズコロナの時代の夏の紅白”と銘打たれた特番『ライブ・エール~今こそ音楽でエールを~』は、3密回避を意識して無観客の客席や通路をセットに見立てたり、リモート出演を駆使するなど、まさに『紅白』の予行演習のような形で放送されましたが、その番組の司会を務めたのも内村さんでした」(大手レコード会社スタッフ)

 内村が4年連続で“紅白の顔”になる可能性は高そうである。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/31 06:03

司会はあの男に内定!? NHK紅白歌合戦、コロナ対策を徹底「ステイホーム」で狙う高視聴率のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ノーラン監督『テネット』レビュー

 潜在意識の世界が具象化された世界を『イ...…
写真
インタビュー

ザ・マミィ第8世代コント

 注目芸人を集めた『ツギクル芸人グランプリ2019』(フジテレビ系)で優勝を果たし、...
写真