日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > トップコート生存競争が激しすぎ

大手芸能プロ「トップコート」、所属タレントの“生存競争”が想像以上に厳しさだった!?

文=日刊サイゾー

トップコート公式サイトより

 J1横浜FCの元日本代表FW三浦知良とタレントの三浦りさ子の長男・三浦りょう太が、今月22日に放送された日本テレビ系『24時間テレビ』のスペシャルヒューマンストーリー『誰も知らない志村けん―残してくれた最後のメッセージ―』で俳優デビューを果たした。

 それに伴い、各スポーツ紙にも続々とインタビューが掲載され、事務所のプッシュと注目度の高さをうかがわせている。

「今年6月にオーディションを経て大手芸能プロのトップコートに所属。同社は菅田将暉、中村倫也、松坂桃李、新田真剣佑、杏、佐々木希ら数多くの売れっ子を抱えているだけに、事務所のプッシュがあればカズジュニアもどんどん仕事が決まりそう。『りょう』の字が『けものへんに僚のつくり』というのもなかなかインパクトがあります」(テレビ局関係者)

 カズの息子が売り出される中、26日に同社の公式サイトで、女優の水上京香が今月いっぱいで退社することが発表された。

 契約満了による退社だというが、水上は2014年に「トップコート20thスターオーディション」でグランプリに輝き芸能界入り。事務所の冠が付いたオーディションだけにかなり期待されたはずだが、これまでの仕事を見ると、その期待に応えることができなかったようだ。

「業界内でも“ホワイト企業”として有名なトップコート。移籍したいタレントも多いが、タレントの質を維持するため、なかなか事務所に入るのは難しい。おまけに、マネジメントがギリギリな人数しか抱えず、だいたい所属は20数名に絞っている。なので、若手の所属タレントの“生存競争”はかなり激しく、水上のように結果が出ないと事務所を去ることになる。例外は中村だけで、高校時代から在籍し鳴かず飛ばずの時代が続いたが、ようやくブレイク。よほど、人柄が良かったのでしょうね」(芸能プロ関係者)

 その点からしても、カズジュニアには大きすぎるアドバンテージがあったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/01 07:00

大手芸能プロ「トップコート」、所属タレントの“生存競争”が想像以上に厳しさだった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

千鳥・大吾とテレビの中のパンティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真