日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『モヤさま』時間帯移動で数字伸びるか

『モヤモヤさまぁ~ず2』が放送時間移動で視聴率の倍返し!? 日曜激戦枠で勝算はあるか?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

“日曜21時”の激戦区を恐る必要はない!

「『モヤさま』は地方にもネットされていますが、かなりの数の局が90分番組を60分にして放送しているんです。それゆえ、予告で流れたシーンがカットされてしまうことも多く、視聴者が困惑することもしばしば。90分だと地方に売りにくいので、60分ならネット局は増えるかもしれません。

 移動先の日曜21時台は確かに強豪揃いですが、フジの『日曜THEリアル!』はずっと低空飛行ですし、10月から始まるテレビ朝日の『サンデーステーション』も、小木逸平アナと森川夕貴アナでは、大して数字は稼げないはず。TBSの『日曜劇場』も、作品によっては視聴率が2ケタにいかないので、必要以上に恐れる必要はありません。現在の放送時間も、裏は『ザ!鉄腕!DASH!!』(日テレ系)、『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日系)と、高視聴率バラエティ番組が複数ありますから、21時台移動は好判断なんじゃないですかね」(キー局関係者)

 強力ライバルの『半沢直樹』は、『モヤさま』が移動する頃には終了済み。果たして、放送時間移動で視聴率は“倍返し”になるか!?

最終更新:2020/09/02 11:00
12

『モヤモヤさまぁ~ず2』が放送時間移動で視聴率の倍返し!? 日曜激戦枠で勝算はあるか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

ジョブズもハマった禅僧、驚愕人生と素顔

 スティーブ・ジョブズが師と慕い、一時は生活を共にした禅僧・乙川弘文(おとがわ・...
写真