日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > “ポストかまいたち”候補者たち

“ポストかまいたち”最右翼はニューヨークか? テレビ業界から熱視線のワケ

文=日刊サイゾー

テレビ業界内で始まるポストかまいたち探し! 最右翼はニューヨークか?の画像1
YouTube「かまいたちチャンネル」より

 お笑い第7世代が多方面で大活躍するなか、着実に足場を固めているのが、第7世代よりひとつ上の世代のかまいたちだ。

 ここにきてバラエティ番組に引っ張りだこなだけでなく、YouTubeの公式チャンネルは登録者数58万人を超え(8月30日現在)、8月26日に発売された雑誌『クイック・ジャパン』151号では、表紙を飾り60ページの大特集が組まれるなど、まさにいま最も売れている芸人となっている。バラエティ番組制作会社関係者はかまいたちについてこう話す。

「かまいたちは、すでに安定期に入っています。どんな番組でも結果を出してくれるし、芸人以外のタレントさんとの絡みもうまい。あとは、レギュラーの冠番組が始まるの待つばかりという状態です」

 そんな中、業界内ではすでに“ポストかまいたち”探しが始まっているという。

「いろいろなバラエティ番組のスタッフたちは、自分の番組から芸人をブレイクさせたいという思いを抱いている。だから、常に“次に売れそうな芸人”を探し求めているんです」(同)

 では、“ポストかまいたち”として期待されている芸人は誰なのだろうか。バラエティ番組に携わる構成作家が、具体的な名前を挙げる。

「求められているのは、トークが面白くて、ほかの芸人たちとの集団芸もうまい芸人。それでいて、第7世代には入っていないほうがいいですね。すでに人気者となっているアインシュタインや、大阪で活躍しているアキナなどは、即戦力として期待されています。ただ、いずれもそこまで新鮮味がない。そんな中で、“ポストかまいたち”の最右翼として期待されているのが、ニューヨークです」

 東京吉本所属のニューヨークは、今年で芸歴10年。昨年末の『M-1グランプリ2019』では、初めて決勝戦にも進出した。

「ニューヨークは結成2~3年目の頃から期待されていて、大きなチャンスもいくつかありましたが、なかなか結果につながっていなかった。でも、ここにきてネタも評価されるようになり、『ゴッドタン』(テレビ東京)や『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)、『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)など、業界内でも注目度の高いバラエティ番組に出演する機会も増え、めきめきと頭角を現してきています」

12

テレビ業界内で始まる“ポストかまいたち”探し! 最右翼はニューヨークか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ノーラン監督『テネット』レビュー

 潜在意識の世界が具象化された世界を『イ...…
写真
インタビュー

Mr.都市伝説・関暁夫が熱弁!

 累計300万部を突破した大人気シリーズ「Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説」の最新作...
写真