日刊サイゾー トップ > 海外  > 「美容整形ヘビ女」が驚異の大逆転勝利!

「美容整形中毒ヘビ女」が驚異の大逆転勝利! 中国をうならせた衝撃的な現在の姿とは

「美容整形中毒ヘビ女」が驚異の大逆転勝利! 中国をうならせた衝撃的な現在の姿とはの画像1
ヘビ女と呼ばれていた時の写真(weibo)

 中国で急速に拡大している美容整形市場。2017年の統計では、中国人で美容整形を経験した人の数は約1700万人となっており、中国で如何に美容整形が身近な存在となっているかが分かるだろう(参考記事https://www.cyzo.com/2020/08/post_250617_entry.html)。

 こうした中、中国メディアは美容整形を何度も重ねた結果、“ヘビ女”と呼ばれた女性の現在の姿について報じている。

 中国網易新聞(8月24日付け)は、「ヘビ女と呼ばれた女性の現在について」というタイトルで記事を配信した。ヘビ女と呼ばれている女性の名は、李蒽熙(リーエンシー)と言い、2015年当時、15歳だった自身の顔や身体に複数回の美容整形を行い話題となった人物だ。当時、彼女はSNS上に、自撮り写真を公開し、真っ白な顔面・不自然に盛り上がった鼻・尖った顎・巨大な眼がまるでヘビのようだと揶揄され、ネット上でヘビ女と呼ばれていたのである。

 さらに、彼女の強気の発言も当時話題となり、テレビ番組にゲスト出演した際に「ヘビ女って呼ばれて逆に光栄よ」「あなたたちのようなブサイクになるくらいなら死んだ方がマシ」「15歳で毎月50万元(800万円)のお小遣いを使ったことがあるの?」など、数々の名言を残してきた。

「美容整形中毒ヘビ女」が驚異の大逆転勝利! 中国をうならせた衝撃的な現在の姿とはの画像2
現在ではメイクも変わったのか印象も大きく変わっている

 こうした中、中国メディアが公開した彼女の最近の写真を見ると、ヘビ女と言われていた時と比べ、かなり美しさに磨きがかかっているようだ。西洋人の雰囲気漂うハーフ美女のような印象である。現在、彼女はダンサーやモデルとして活躍しており、自身のSNSでは日々ダンス動画などを公開している。SNSのコメント欄も、以前のような誹謗中傷はすっかり消え、彼女の美貌を絶賛するコメントが多く寄せられている。

 15歳で全身美容整形を行い、ヘビ女と罵られた彼女だったが今では充実した第二の人生を歩んでいるようだ。とは言え、彼氏に振られた腹いせに15歳で美容整形を行ったという彼女の話を聞くと、美容整形の在り方に疑問を感じざる得ないのも事実だ。整形人口が急増する中国だが、カウンセラーの配置など整形依存対策も、今後大きな課題となるのではないだろうか。

廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

明治大学卒業後、中国の重慶大学へ留学。メディア論を学び、帰国後は中国の社会問題についてウェブメディアを中心に執筆している。

ひろせだいすけ

最終更新:2020/09/04 18:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』道隆が強行した中宮/皇后問題

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真