日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > テレビ局の「コア層重視」は逆効果?

テレビ界の「コア層重視」シフトは逆効果か? 若者向け番組増加で広告収入激減に懸念の声も

文=日刊サイゾー

“コア層狙い”は広告収入的にも負け戦?

「テレビ視聴者の年齢層が高いということは、高齢者に向けた広告を出せば、それなりに効果が見込めるということ。しかも、そこそこお金を持った高齢者も多いですから、テレビCMが購買行動につながる可能性も高い。つまり、より高齢者向けの番組作りをしたほうが、広告収入が上がりやすいという状況なんです。

 仮に、コア層向けの番組制作を進めても、広告効果という点では、ネットにかなわないかもしれないわけで、そうなったら結果的に“スポンサー離れ”が進むということも十分に考えられます。テレビが過剰にコア層向けになることは、実は負け戦なのではないかという声も多い」(同)

 コア層という弱点を強化することはテレビ局にとっても有意義だろうが、自らのストロングポイントを打ち消してしまっては意味がないのだ。

「もはやゴールデンタイムに、若者はあまりテレビを見ていません。そういった時間にコア層向けの番組を増やしたところで、結果は出にくいはず。YouTubeと連動する形にして、そちらでも広告収入を狙うとか、比較的若者にリーチしやすい深夜帯の番組を充実させるとか、もっと細やかな工夫が必要でしょう。このままでは、ただ単に世帯視聴率がコア視聴率に変わっただけで、終わってしまう。テレビ局側のマーケティングがちょっとお粗末な気がします」(同)

 なかなか時代の波を正確にキャッチできていないテレビ界には、抜本的改革が必要かもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/03 13:00
12

テレビ界の「コア層重視」シフトは逆効果か? 若者向け番組増加で広告収入激減に懸念の声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真