日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 落合氏の番組がコロナ禍で終了へ

【速報】“オレ流監督”落合博満氏のレギュラー番組がコロナ禍で打ち切りへ

文=日刊サイゾー

『戦え!スポーツ内閣』MBS公式サイトより

 大阪・毎日放送のスポーツバラエティー番組『戦え!スポーツ内閣』(毎週水曜午後11時58分)が今月末で放送を打ち切ることが本サイトの取材で判明した。近日中に正式発表される見込みだが、背景には新型コロナウイルス感染拡大による大規模な“経費削減”が影響している。

 番組は今年夏に開催予定だった東京五輪を念頭に毎回、スポーツジャンル1つをテーマに据えて番組を構成。地元、関西で絶大な人気の阪神タイガースだけでなくマイナースポーツや高校野球などにもスポットを当てて、ゲストに招いた現役、OBアスリートが自ら試合の模様を解説する「セルフでヒーハー」なるコーナーが人気だった。

「レギュラー出演者には武井壮、ブラックマヨネーズの小杉竜一がおり、その流れもあって割と著名なアスリート出演も目立っていた。地方局もネットしており、一風変わったスポーツ番組として注目されていた」(在京テレビ局関係者)

 特に番組が存在感を見せつけたのはプロ野球界の“オレ流”こと、落合博満氏が半ばレギュラー出演していたことだ。

 前出のテレビ局関係者は「扱いが難しいことで有名な落合さんが半年に1回は同番組に出演。近年、伸び悩んでいた阪神・藤浪晋太郎投手に助言したりもしており、彼が出演する時は毎回、特番扱いで対応していたほど。それだけ、他の番組では真似できない演出ができていた証拠でしょう」と話す。

 だが、環境がそれを許す状況にはなく「本来なら延期された来年夏まで番組を続ける予定だったが、コロナ禍の影響が予想以上に大きく毎日放送に限らず、今秋の改編で番組を終わらせる放送局は多いと聞いている。毎回、東京から武井、小杉を呼んで収録するだけでなく、スタッフもかなり割いていますから。せっかくいいコンセプトの番組ができていたのでせめて年1の特番くらいで今後、放送してもいいと思うのですが……」(同)。

 スポーツファンにとっては寂しいこの上ない知らせとなりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/02 18:00

【速報】“オレ流監督”落合博満氏のレギュラー番組がコロナ禍で打ち切りへのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

脳みそ夫が語る地下芸人時代

「日経エンタテインメント!」(日経BP社) の<好きな芸人ランキング>では17位に急...
写真