日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 嵐・櫻井翔、明かされた神対応

嵐・櫻井翔、『VS嵐』で明かされた神対応に「羨ましい」「どれだけ優しいんだ」の声

文=日刊サイゾー

嵐・櫻井翔

 3日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)で明らかになった、嵐の櫻井翔のファンサービスが話題になっている。

 この日の対戦相手は「ナダル軍団」。軍団メンバーとしてお笑いコンビ・ミキも参戦しており、ゲーム前のトークで昴生が櫻井について、「僕の奥さん、櫻井くんのことが大好きで……」と切り出す一幕があった。昴生の妻に関しては、6月4日放送の同番組に昴生が「自宅しりとりGP」の企画でリモート出演し、自宅にあるものでしりとりをつなぐゲームに挑戦した際もカメラにこそ映らなかったものの同席しており、櫻井のファンだということが明かされていたが……。

「昴生はこのところ車で妻に送り迎えをしてもらっているといい、以前『VS嵐』に出演した際も妻が下の駐車場で待機していたと告白。人との接触を避けるため、妻は車でひとり待機しているとのことで、昴生はその収録中、『車の中で待ってるんで、よかったら窓だけ開けるんで、会釈だけでもしてもらえませんか?』とボケのつもりで櫻井にお願いしてみたそうです。

 すると、収録終わりに櫻井は自ら『本当に待ってるんだったら行こうよ』と提案してくれたといい、櫻井に会ったあとの妻は、昴生いわく『見たことない女の顔』だったとのこと。さらに、楽屋に戻ったあと、妻からLINEが届いており、そこには『幸せ』とつづられていたという……。これにはスタジオも大爆笑で、昴生は『ほんまにありがとうございます』とひたすら感謝していました」(芸能ライター)

 このエピソードにはファンから「羨ましい!」「マミちゃんになりたい!」といった声も上がっていたが、一方では、「ファンサービスすごすぎる…」「わざわざ行ってあげるなんてどれだけ優しいんだ」と櫻井の神対応ともいえるサービス精神に感心する声もあった。

「櫻井は昴生の妻のもとにわざわざ行った理由について、ミキの2人がバラエティ番組などでよくその妻の話をするため、『ちょっと僕、会いたかった』と説明しており、その言葉を聞いた昴生は『今日もまた待ってるんで、よかったら』『櫻井さんだけじゃなくて、嵐さん全員好き』とおねだりしていました。

 最終的に昴生の妻の名前はその時間帯、ツイッターでトレンド入りに。これに昴生は自身のツイッターで『これ僕の嫁です』と反応。昴生の元には、『5人が会いに行ってくれたか気になる!』『櫻井くんめっちゃ優しいですね』といった声が寄せられていました」(同)

 仕事相手の妻とはいえ、ファンのためにわざわざ時間を割く櫻井に、多くの視聴者が感心したようだった。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/08 17:13

嵐・櫻井翔、『VS嵐』で明かされた神対応に「羨ましい」「どれだけ優しいんだ」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

話題沸騰中のもつ焼き・宇ち多゛がセブンとコラボ

 1年間に5000品超の新商品が並んでいる日...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真