日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『わたナギ』ヒットでテレ朝の罪

『私の家政夫ナギサさん』脚本家、『おっさんずLOVE』の汚名返上! テレ朝の罪も浮き彫りに

文=日刊サイゾー

テレ朝の金儲け主義が作品をダメにした?

「『おっさんずLOVE』が急に設定を変えたのは、完全にテレビ朝日サイドの愚策だったということです。航空会社とのタイアップを優先して、設定を捻じ曲げ、さらにはファンがまったく喜ばないグッズやイベントを展開した。そういったテレビ朝日の金儲け主義のせいで、『おっさんずLOVE』というコンテンツそのものが終わったとさえ言われています。ファンを裏切っただけでなく、脚本家の才能をも潰していた可能性があるというわけで、テレ朝の罪は重い。今回TBSが徳尾氏の才能を存分に発揮させたことで、テレ朝の失敗がよりいっそう浮き彫りになってしまいましたね」(ウェブメディア編集者)

『私の家政夫ナギサさん』は、ウェブマンガが原作となっている作品。同作のヒットを受け今後ウェブマンガ原作のドラマも増えそうだが、テレ朝は蚊帳の外になってしまうかもしれない。

「ウェブマンガの原作者や配信元にしてみれば、当然ながら素晴らしいドラマに仕上げてほしいと願うわけです。同じ脚本家でもTBSの『私の家政夫ナギサさん』が大好評で、テレ朝の『おっさんずLOVE』シーズン2が大不評だということを考えると、“テレ朝でのドラマ化は避けるべき”という共通認識が定着しそうです」(前出・メディア関係者)

 もともとテレ朝は若者向けドラマに強いわけではないが、この分野での苦戦がまだまだ続きそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/05 13:00
12

『私の家政夫ナギサさん』脚本家、『おっさんずLOVE』の汚名返上! テレ朝の罪も浮き彫りにのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

印米中、常識破りのジャンクかた焼きそば

 シュプリームのコレクションに楽曲を提供し、...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

 近年、性教育本がブームとなっている。中には思春期以前の子どもに向けて生殖や性暴...
写真