日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 授業オンライン化を迫られる学校教育の現場

コロナ禍で授業オンライン化を迫られる学校教育のいびつな現場

文=飯田一史(いいだ・いちし)

広域通信制高校に移る教師が増加! コロナ禍で授業オンライン化を迫られる学校教育のいびつな現場の画像1
N高等学校のホームページより。

 コロナ禍で学校の授業のオンライン化が待ったなしの状況となる中、そのやり方を丁寧に解説した『子どもが「学び合う」オンライン授業!』(学陽書房)という書籍が出版された。同書の編著者で教育学者の西川純氏に、これからの学校教育はどう変わっていくべきか、学校現場は変われるのかについて訊いた。

広域通信制高校に移る教師が増加! コロナ禍で授業オンライン化を迫られる学校教育のいびつな現場の画像2
西川純著『子どもが「学び合う」オンライン授業!』(学陽書房)

文科省の「GIGAスクール構想」は馬鹿げている

――5月末に緊急事態宣言が解除されてから約3か月経ちますが、今、学校現場はどうなっていますか?

西川 必死にコロナ禍以前の状態に戻そうとしていますが、かなりいびつな状態です。例えば緊急事態宣言を解除した当初、ニュースでは「教壇の前に置いた手作りの透明な板で対策します」などと報道されました。だけど、子どもたちは休み時間になれば密接して話すに決まっていますから、教室で何をやってもしょうがない。結局は、マスクを付けて手洗いするという普通のインフルエンザ対策レベルのことしかできていません。

 僕はコロナ対策として今すぐ全面的にオンライン授業に移行すべきだとは思っていないんです。ただ、命に関わる基礎疾患のある子どもと、そういう病気を持つ家族のいる子どもには提供しないといけない。それと、次にまた休校措置が取られたときに対応できないと本当に無様なことが起こる。今回は4月、5月に学校を休みにしたから、夏休みと冬休みを短くすることで調整できた。でも、12月か来年1月にパンデミックで休校せざるを得なくなったら、法律で定められている授業時間数の確保が不可能になる。おそらくは「やったことにする」しかなくなります。それでいいんですか、という話です。ですから、休校になっても十分に学びを提供する手段を用意しておかないといけないわけです。

――文科省はコロナ禍以前から「GIGAスクール構想」を打ち出して、先進国でもっとも遅れている教育のデジタル化にようやく取り組もうとしていたわけですよね。今回のコロナ禍でスピードは速まりそうですか?

西川 GIGAスクールは馬鹿げていると思います。周りを見てください。スマホに新しいアプリを次々に入れて「こんなことができる」と言っている人は少ないでしょう? ほとんどの人は、よく使っている特定のものしか使わない。それがマジョリティです。先生方も大半はコンピュータを使った勉強なんてやりたくないんですよ。そのため、タブレットを生徒ひとりにつき1台配ったところで変わりません。

 さらに言うと、問題が起きたときに責任を取りたくない行政は「インターネットに接続できない高速ネットワーク」を用意するでしょう。そんなものに何の意味があります? 私なら「スマホを持ってきていいよ」と言うだけです。もっとも優れたICTの装置はタブレットやPCではありません。それらを使いこなしている友達です。みんながデジタルツールに堪能なわけではない。でも、誰か知っていて、その子に教えてもらえば、みんなが使えるようになる。

 いまだに「Zoomはセキュリティの問題があるから使わせない」と言っている学校もありますが、厳密な意味でネットでセキュリティの問題は完全にクリアできるはずがない。ただ、個人情報をネットでやり取りしなければ重大な問題は起こりません。

123

広域通信制高校に移る教師が増加! コロナ禍で授業オンライン化を迫られる学校教育のいびつな現場のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

末吉9太郎が語る自粛中のオタク

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「自粛」の名の下にエンタメ界ではコンサートやイベ...
写真