日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 産業医と映画Pによる配信作品批評「ネフリんはほりん」  > 【Netflix】意味不明だったスパイク・リーのメッセージ
産業医と映画Pの配信作品批評「ネフリんはほりん」#1(前編)

90年代、スパイク・リーは『マルコムX』のキャップだった! 挫折した人が『ザ・ファイブ・ブラッズ』を見るべきわけ

文=伊丹タン(いたみ・たん)

90年代、スパイク・リーは『マルコムX』のキャップだった! 挫折した人が『ザ・ファイブ・ブラッズ』を見るべきわけの画像1
スパイク・リー(写真/GettyImageより)

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロデューサーである伊丹タンが、毎回ひとつのVOD作品を選んで、それぞれの立場から根掘り葉掘り作品を堀り尽くす連載企画がスタート。

 記念すべき第1回の作品は、Black Lives Matter(BLM)が大きなムーブメントとなっているアメリカで、人種差別の構造にフォーカスした映画を撮りつづけてきたスパイク・リーの、『ザ・ファイブ・ブラッズ』だ!

俺たちにとってのスパイク・リーは“サブカルアイコン”だった

――初回は、BLMが加熱した時期にちょうど、Netflixで放送開始となった『ザ・ファイブ・ブラッズ』をテーマにして、過去のスパイク・リー監督の作品と絡めていきましょう。

伊丹 どうせこのタイミングでの原稿アップになるなら、先日亡くなったチャドウィック・ボーズマンについても言及したかったですね。

――収録が結構前だったので、まさか……となってしまいました。どこかで、改めてお話を伺えたらと思っています。

大室 スパイク・リーについては正直、僕は『ドゥ・ザ・ライト・シング』(89)で止まってたんですよ。だから今回、せっかくだからってことでもう一回見直したんだけど。あの頃、自分がいかにスパイク・リーを“サブカル脳”で見てたかってことに気づいて。

伊丹 なるほど。

大室 当時、僕らくらいの世代は中学生で、めちゃくちゃストリートファッションブームだったんだよね。「Boon」(祥伝社)っていう雑誌が全盛期で。エアジョーダンとかG-SHOCKが流行ってたり、日本のカルチャーリーダーが「バスキアがイケてる」とか言ってたり。その中のひとつに、 “スパイク・リー”って単語があったんです。彼が監督した『マルコムX』(92)のロゴが入ったキャップが当時流行ったけどそれも、そのちょっと後に流行った「dj honda」の「h」みたいなファッションブランドだと思ってたくらい。

伊丹 そうそう。当時は『ドゥ・ザ・ライト・シング』を見ても、理解できてなくてつまらなかったんですよね。

大室 子どもの頭でストーリーを追っても、冗長に見えたよね。

伊丹 『マルコムX』もスパイク・リーを“ファッションアイコン”として知ってから劇場に見に行ったので、重たくてしんどかったんですよ。黒人の問題とか、ロス暴動とかもシリアスに理解してなかったから。

大室 でも確かに、あの当時の日本人がスパイク・リーの『ドゥ・ザ・ライト・シング』にやられたのは、想像に難くないんですよ。アフリカ系アメリカ人がたくさん暮らしているブルックリンが舞台なんだけど、今ほどオシャレなイメージではなくて。でもプエルトリコ人もいたり、韓国人もいたりと多様性があって、そこで黒人がピザを持ってストリートをうろちょろしてるっていう映像だけで、どこかカッコよかったんですよね。それまで白人が見せていたニューヨークのかっこよさとはまたちょっと違う。セリフもちょっとラップっぽいし、カメラワークもHIPHOPのPVみたいな撮り方をしていて、あの辺にガーンとやられた日本人がたくさんいたことは確かだよね。

伊丹 うんうん。

123

90年代、スパイク・リーは『マルコムX』のキャップだった! 挫折した人が『ザ・ファイブ・ブラッズ』を見るべきわけのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

流通アナリスト解説マスク生産

 緊急事態宣言を5月中まで延長する方針が、安倍首相の会見で発表された。もう1カ月の外...
写真