日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 愛之助エロLINEの流出経緯

複数プレイに興味津々!? 片岡愛之助の“エロLINE”が流出した経緯が判明

片岡愛之助

 高視聴率を連発する放送中のTBSドラマ『半沢直樹』の続編で人気キャラの1人である金融庁の検査官・黒崎駿一役を演じる歌舞伎俳優の片岡愛之助だが、注目を浴びているだけに“有名税”を支払うことになってしまった。

「FLASH」(光文社/9月22日号)が「片岡愛之助 モデル美女と1年半『もっと送って』エロLINE」と題した記事を3ページにわたって掲載した。

 記事によると、2016年に愛之助の大ファンだというモデルの女性が、舞台の楽屋を訪問した際にLINEを交換。以後、やりとりをするようになったが、誌面には愛之助が「複数プレイ」に興味津々な様子や、女性愛人志願し猛アタックするなど、複数のLINEのやりとりのスクリーンショットが掲載されている。

「16年といえば、愛之助は藤原紀香と新婚。もし、その女性と関係を持っていれば不倫が蒸し返されて大騒ぎになっっていたはずだが、よくよく読むと、楽屋で会って以降、愛之助は女性の誘いをうまくかわし、一度も会っていない。以前、自身の隠し子騒動を大々的に報じられたこともあるので、もうスキャンダルはこりごりだったのでは」(演劇担当記者)

 拍子抜けの記事に妻の紀香も胸をなで下ろしているはずだが、気になるのは“エロLINE”がなぜ流出したかなのだが……。

「気になる女性の素性だが、都内の高級交際クラブに所属する“プロの女性”で、リッチな“パトロン”ゲットに必死だとか。その交際クラブの関係者が『うちの子がいいLINEのやりとり持ってます』と、複数の週刊誌に売り込みをかけたようだが、その話に乗ったのが『FLASH』だけだったようです」(週刊誌記者)

 愛之助は見事にハメられたのだろうが、自制して“一線”を超えずに難を逃れたようだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/09/12 06:30
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed