日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『アンサング~』瀬野の“トラウマ”

『アンサング・シンデレラ』田中圭演じる瀬野の“トラウマ”が明らかに

文=早乙女りこ(さおとめ・りこ)

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』公式サイトより

 石原さとみの主演ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の第10話が、今日9月17日に放送される。第9話で、重複がんを患っていることが判明した瀬野章吾(田中圭)。なかでも副腎がんはステージⅣまで進行しており、ずっと瀬野の背中を見てきた主人公・葵みどり(石原)も動揺を隠しきれない様子だった。物語もいよいよクライマックス、瀬野は助かるのだろうか。

【第10話あらすじ】
 瀬野の希望によって、みどりは瀬野の担当薬剤師となった。数日後、副腎がんに効果が期待できる既存薬の投与が始まるが、一向に回復せず。そんな時、副部長の七尾拓(池田鉄洋)が、海外に副腎がんへの治療効果が認められている薬があると言う。しかし、その薬を使用するためには瀬野の担当医師に治験責任医師になってもらうこと、病院内の治験審査委員会の承認を得ること、そして瀬野本人の承諾が必要だった。

 そんなある日、心筋梗塞で男性が緊急搬送されてくる。薬剤師ではなく患者としてその場に居合わせた瀬野だったが、同行してきた妻に、男性の常用薬を医師か看護師に伝えるようアドバイス。妻はすぐさま看護師に常用薬を伝え、男性は一命をとりとめた。

 一方でみどりは、薬剤部の仲間たちに「瀬野さんに治験薬を投与したい」と相談していた。相原くるみ(西野七瀬)は全面的に応援しようとするが、刈谷奈緒子(桜井ユキ)たちは承認へのハードルの高さに渋っている様子。それでも、どうにかして瀬野の命を救いたいと食い下がるみどりに、刈谷は他の患者へ迷惑をかけないことを条件に、承認への働きかけを了承したのであった。

 入院中にもかかわらず患者を救おうとする瀬野は、薬剤師という仕事に心から誇りを持っているのだろう。それもそのはず、第9話で瀬野は、治療をせずに鎮痛剤を投与しながら薬剤師として余命を全うする選択をしていた。みどりが懇願したこともあり治療に専念することになったが、彼の仕事への熱量は計り知れない。

 それならば、復帰してもらうためにもぜひ治験薬の投与を承諾してほしいものだが、瀬野は母をがんで亡くしており、その際に治験薬を投与しても病状は回復しなかったトラウマがある。苦しみながら死んでいった母のことを思い出すと、治験薬の使用を踏みとどまってしまう可能性も十分にあるだろう。果たして、みどりの思いは届くのだろうか。瀬野はまた薬剤師として患者を救うことはできるのだろうか。今夜の放送を見守りたい。

■番組情報
木曜ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』
フジテレビ系/毎週木曜22:00~
出演:石原さとみ、田中圭、西野七瀬、真矢ミキ、成田凌、 桜井ユキ、井之脇海、
金澤美穂、迫田孝也、池田鉄洋、でんでん ほか
原作:荒井ママレ
脚本:黒岩勉
演出:田中亮、相沢秀幸
音楽:信澤宣明
プロデュース:野田悠介
制作著作:フジテレビ第一制作室
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/unsung/

早乙女りこ(さおとめ・りこ)

早乙女りこ(さおとめ・りこ)

東京生まれ神奈川育ちのフリーライター。映画・ドラマはジャンル問わず幅広く鑑賞しており、物語の展開を予想したり、役者の演技を複数作品で見比べたりすることが趣味。

最終更新:2020/09/17 13:00

『アンサング・シンデレラ』いよいよクライマックス!田中圭演じる瀬野の“トラウマ”が明らかにのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真