日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 鷲見玲奈、グラビアが物足りず

あの噂を払拭できず⁉ 鷲見玲奈、『ヤンマガ』表紙&グラビアが物足りなかったワケ

文=日刊サイゾー

鷲見玲奈

 確かに破壊力はあるのだが、物足りないのはあの部分?

 9月14日発売の「週刊ヤングマガジン」(講談社)にて、元テレビ東京アナウンサーの鷲見玲奈が表紙&巻頭グラビアに登場した。

 同誌初登場の鷲見は、カラダにフットした赤のワンピースで表紙を飾り、「破壊力バツグンの艶っぽさをお伝えします♥」と煽っている。

「7ページのグラビアで衣装が5パターンもあるというぜいたくすぎる構成でした。表紙に使われたバストショットが注目を集めましたが、どうにも消化不良だったのは、衣装がどれも胸元の上までがっちりガードされていて谷間が見えていないうえ、ほかのカットも生足が最大露出。胸のふくらみがまったく見えないものでした」(芸能ライター)

 かねてより鷲見の豊満なバストには「パットを重ねた“作り物”ではないか」との疑惑がささやかれていたが……。

「本人は『胸も何も入れていません』と否定しているものの、グラビアを見た読者からは『また盛ってるのか』との声が聞かれます。確かに、谷間の見える服は着ずにいつもニットで盛っているのが気になるんですよね」(グラビア関係者)

 一方で、鷲見にはある計画が浮上していとの情報もある。

「田中みな実ばりのセクシー写真集を発売する計画があるようです。鷲見はアナウンサーとはいえ、局アナ時代はスポーツ畑だったことから、キャスター仕事に就くイメージはない。今後は“バラエティタレント”がメインとなりそうなだけに、田中の二匹目のどじょうを狙ってセクシー方向に舵を切ったとしてもおかしくはない。バラティ番組では普通に谷間を披露していたこともありますし、今回のグラビアは来るべき“大脱ぎ”前の軽いジャブといったところかもしれません」(前出・グラビア関係者)

 偽乳疑惑を否定するなら、まずは谷間全開のグラビアショットをお願いしたいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/17 00:00

あの噂を払拭できず⁉ 鷲見玲奈、『ヤンマガ』表紙&グラビアが物足りなかったワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真