日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『チコちゃん』トヨエツWピースを披露

『チコちゃんに叱られる!』豊川悦司、チコってWピースを披露「父ちゃんやったぞ!」

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『チコちゃんに叱られる!』豊川悦司、チコってWピースを披露「父ちゃんやったぞ!」の画像1
『チコちゃんに叱られる!』(NHK)

 9月11日放送『チコちゃんに叱られる!』(NHK)のゲストは、みちょぱこと池田美優と、豊川悦司。豊川が出演する映画『ミッドウェイ』が同日から公開されており、そのプロモーションも兼ねた珍しいバラエティ出演である。昔は決してバラエティに出ない人だったのに、変わったものだな……。

それにしても、MCの岡村隆史とトヨエツが並ぶと身長差がすごい。何しろ、岡村の身長は156cmで豊川の身長は186cmだ。その差、なんと30cm! 補足情報として、豊川の愛娘はチコちゃんと同じ5歳だ。

「もう、憧れの人(チコちゃん)と今会ってるので。感無量です」(豊川)

「つまんねーヤツ」と言われたくない関西人・トヨエツ

 第1問目の回答者に指名されたのは豊川だった。

チコ 「豊川さんはどんなときに山手線に乗るんですか?」
豊川 「朝まで飲んだとき。その当時は、新宿から乗って渋谷で降りたいんだけど、大概降りれずに田端くらいで気がつくというパターンです」
チコ 「回りますね、だいぶねえ」

 そんなトヨエツに投げかけられた質問は「山手線ってどこからどこまで?」というものだった。全国放送で東京ローカルのネタを展開するこの番組もいい度胸をしている……。

 あと、意外に豊川が詳しいのだ。山手線だけで一周しているのではなく、部分的に路線が違うことを彼は知っていた。ではズバリ、山手線は何駅から何駅?

豊川 「東京駅から……新宿まで」
チコ 「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

 ボーッと生きていたトヨエツ、間違えてしまった。チコちゃんが発表した答えは「品川から田端」だった。よく止まるから、終点か始発にてっきり大崎が入るのかと筆者は思ったが……。

 国土交通省の鉄道要覧を読むと、山手線は品川駅~田端駅だと書かれている。そして、東京駅から上野駅を通って田端駅を超えて大宮駅までの区間は東北線。東京駅~品川駅までは東海道線だそうだ。つまり、我々が1周していると思っていた山手線は3つの路線に分かれているということ。

 その理由は、鉄道の成り立ちに関係している。日本初の鉄道としてまずできたのは、新橋駅(現・汐留)から横浜駅(現・桜木町)までである。そして1872年、首都東京と交易の拠点・横浜を繋ぐため、横浜から新橋までの路線が開通した。次に、上野と群馬県の高崎の間に列車が通り、首都東京と東北方面を結んだ。この2つの路線を繋げようとするも、ある問題が発生する。新橋と上野の間は東京の中心なので、線路を通すことができなかったのだ。何しろ、新橋と上野の間は銀座や日本橋などがある東京のど真ん中。土地の値段が高く、買収費用がかさんでしまう。さらに、鉄道という新しい物への不安から住民の反対もあり、線路を通すことは断念された。蒸気機関車なんかは煙を吐くので、迷惑がられたのだろう。

 しかし、何とか電車で横浜と東北方面を繋ぎたい。そこで、品川駅から東京の西側の渋谷駅と新宿駅を通り、埼玉との県境の赤羽駅まで線路を繋いで東北方面と横浜方面を結ぶことにした。次に、山手線の終点である田端駅が作られることに。そして、田端駅から茨城県の水戸方面を繋ぐ常磐線もできた。田端駅は、茨城・福島方面から石炭を東京に運ぶなどの目的で作られたのだ。田端は、山手と下町の境目でもあるしな……。

 その石炭を横浜にも運ぶため、今度は田端駅と池袋駅を繋げた。この区間(品川駅~田端駅)が、後に山手線と名付けられたのだ。こうして1909年、品川駅から田端駅を走る山手線が誕生する。そして、最短距離で横浜と繋げるために、赤羽は山手線からハブられてしまった。思わず、赤羽駅に同情してしまうな……。その後、最初は反対していた新橋駅~上野駅の間に住む人たちも鉄道の便利さがわかり、反対運動は減少。東京駅や秋葉原駅などが生まれ、1925年に新橋駅~上野駅間が開通する。

 このように、山手線は元々あった東海道線(東京駅~品川駅)と東北線(田端駅~東京駅)に相乗りする形になっている。だから、山手線は1周している路線ではなく、品川駅~田端駅間なのだ。

 ところで、なぜこの路線を「山手線」と呼ぶようになったのか? その理由は、田端駅に行けばわかるとのこと。実際に田端駅南口に行ってみると、山手線が山ばかりを走っていることがわかった。だから、山手線になったのだ。地形図で見ると、田端駅があるのはまさに山の入り口。ここから先、新宿などがある西側は高台にあるのがわかる。ここに電車を通すとなると、山を登ったり谷を下ったりしなければならない。しかし、当時の蒸気機関車からすると坂道は辛かった。そのため、谷の部分には橋を架け、山の部分は削って開通させた。例えば、高田馬場駅北側や渋谷駅付近は谷を越すために橋が架かり、池袋駅付近などは山を切り開いて走っているのがわかる。

……って、なんだかタモリが好きそうな問題だな! いつか、タモリにもこの番組にゲストで来てもらいたい。先日(9月9日)放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)で久々にタモリとナイナイの絡みがあったし、ありえる話だ。

 それにしても、豊川は惜しかった。山手線だけで1周しているのではなく、部分的に路線が分かれていることまではわかっていたのだから。

「でも、『つまんねーヤツだな』って言われるのも嫌なんでね。当たらなくてよかったです」(豊川)

「つまらない」と言われたくないとは、さすが関西人だ。

12

『チコちゃんに叱られる!』豊川悦司、チコってWピースを披露「父ちゃんやったぞ!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

金爆「もう紅白に出してくれない」現実に

 2年ぶりに有観客で開催される『第72回NH...…
写真
インタビュー

般若、ドキュメンタリー映画を語る

 般若。その名に恥じぬ気迫とキャリアを積み上げてきたラッパーは、人のマイクを勝手に奪...
写真