日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 阪神・藤浪晋太郎が2軍飼い殺し

阪神・藤浪晋太郎、“2軍飼い殺し”にライバル球界の関係者が薄ら笑い「選手生命を潰したいのか」

文=日刊サイゾー

阪神タイガース・藤浪晋太郎

 セ・リーグ2位ながら、1位の巨人までおよそ10ゲーム差をつけられたプロ野球、阪神タイガース。今やファンの関心事は逆転優勝よりも先日、11失点で降板、再び2軍調整を命じられた藤浪晋太郎投手の去就だろう。

 9月20日、中日ドラゴンズとの2軍戦では7回を投げて5安打3四球14三振を奪う好投をみせた。もっとも、本人は試合後「まぐれの三振が多かった」と謙遜しているが……。

 藤浪を見守っているライバル球団の関係者は「あれだけ真っすぐを投げられるのなら、2軍では無双ですね。そんなことはチーム内はもちろん、ファンだってわかり切っていることなのに、矢野燿大監督はどうして2軍再調整を命じているのか理解できない。これでは、6月の開幕前に遅刻を理由に懲罰で2軍降格を命じた時と一緒。もはや選手生命を潰したいのかと思ってしまう」と薄ら笑いを浮かべていた。

 金本知憲監督時代から、藤浪は1軍の試合で161球を投げさせられるなど、何かと憂き目に遭っており、不遇の時代は今に始まったことではない。今シーズンは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて120試合制で行われており、各球団は80試合前後を消化。シーズンの3分の2が終わったことで、今後は来年に向けた戦力編成に入るタイミングでもある。

 別のプロ野球関係者も「藤浪は自分でトレードを球団に訴えるべき。そうでなければ、現役を終えるまでずっとこんな不遇は続きますよ。それが認められるかは球団次第ですが、彼の能力を買っている球団はまだまだ多いと聞いています」と話す。

 素早い判断をしなければ本人、球団双方が損することになりかねない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/25 11:00

阪神・藤浪晋太郎、“2軍飼い殺し”にライバル球界の関係者が薄ら笑い「選手生命を潰したいのか」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

NiziU 快進撃の裏にあった鬼教官動画

 メンバー決定から4カ月が経った『Nizi ...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

 令和元年を象徴する、火傷しそうなほどに熱いインディーズ映画『解放区』が現在公開中だ...
写真