日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 阪神・藤浪晋太郎が2軍飼い殺し

阪神・藤浪晋太郎、“2軍飼い殺し”にライバル球界の関係者が薄ら笑い「選手生命を潰したいのか」

阪神タイガース・藤浪晋太郎

 セ・リーグ2位ながら、1位の巨人までおよそ10ゲーム差をつけられたプロ野球、阪神タイガース。今やファンの関心事は逆転優勝よりも先日、11失点で降板、再び2軍調整を命じられた藤浪晋太郎投手の去就だろう。

 9月20日、中日ドラゴンズとの2軍戦では7回を投げて5安打3四球14三振を奪う好投をみせた。もっとも、本人は試合後「まぐれの三振が多かった」と謙遜しているが……。

 藤浪を見守っているライバル球団の関係者は「あれだけ真っすぐを投げられるのなら、2軍では無双ですね。そんなことはチーム内はもちろん、ファンだってわかり切っていることなのに、矢野燿大監督はどうして2軍再調整を命じているのか理解できない。これでは、6月の開幕前に遅刻を理由に懲罰で2軍降格を命じた時と一緒。もはや選手生命を潰したいのかと思ってしまう」と薄ら笑いを浮かべていた。

 金本知憲監督時代から、藤浪は1軍の試合で161球を投げさせられるなど、何かと憂き目に遭っており、不遇の時代は今に始まったことではない。今シーズンは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて120試合制で行われており、各球団は80試合前後を消化。シーズンの3分の2が終わったことで、今後は来年に向けた戦力編成に入るタイミングでもある。

 別のプロ野球関係者も「藤浪は自分でトレードを球団に訴えるべき。そうでなければ、現役を終えるまでずっとこんな不遇は続きますよ。それが認められるかは球団次第ですが、彼の能力を買っている球団はまだまだ多いと聞いています」と話す。

 素早い判断をしなければ本人、球団双方が損することになりかねない。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/09/25 11:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』藤原三兄弟の“本当の仲”

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真