日刊サイゾー トップ > スポーツ > オリンピック  > 小椋久美子が瀬戸不倫を戒め批判

“略奪婚”経験の小椋久美子が瀬戸大也の不倫を戒め、ネット上で「おまいう」の大合唱

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:BrianMcguffog

 完全な巻き添え炎上となっている。

 9月24日の情報番組『ドデスカ!』(メ~テレ)に、かつて「オグシオ」として人気を博した元バドミントン日本代表の小椋久美子が生出演。リオ五輪銅メダリスト、瀬戸大也が「週刊新潮」(新潮社)で不倫を報じられたことについて、アスリートとしての立場からコメントした。

「小椋は、東京五輪が延期になったことでショックを受けている選手が多いことを挙げ、瀬戸の不倫理由についても『それでそっちの方向に走ってしまったのかな』と分析。さらに、不倫はやってはいけないことと戒めたうえで、『この失った信頼だったり、名誉っていうのは、結果で残すしかない』と、瀬戸の今後に期待を予定ました」(芸能ライター)

 しかし、瀬戸がお相手の女性と不倫に及んでいたのは2年前から。そのため、ネット上では「2年前から関係続いてるのに延期は理由にならんだろ」「結果を残すと不倫が許されるのか」「不倫の汚名返上のために五輪出るんすか?」と、小椋の的外れな分析に呆れた声が飛び交っている。

 さらに、小椋の“あの過去”を持ち出した人も多数出現している。

「小椋といえば、妻子持ちのラグビー選手と2011年に不倫略奪婚。しかし、わずか1年ほどでスピード離婚しています。そのため、『小椋も不倫だったよな』『お前がいうな』『聞くのはせめて潮田にしろよ』『流石経験者の言葉は重みが違うな』と後ろ指を指されています。瀬戸に対して甘口な糾弾だったのも、自身の過去と重ねていたからかもしれませんね」(前出・芸能ライター)

『味の素』のCMに夫婦で出演、バラエティ番組では『嫁さんは初恋の相手』と語るなど、愛妻家とイクメンを売りにしていた瀬戸。小椋の言うように、“結果を出せば許されるのならどれほど気が楽か”と後悔しているのではないか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/27 19:00

“略奪婚”経験の小椋久美子が瀬戸大也の不倫を戒め、ネット上で「おまいう」の大合唱のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

菅政権がおかしいーーついに五輪組織委警備最高責任者が爆弾証言

今週の注目記事・第1位「『五輪、無理だ』警備...…
写真
インタビュー

コロナ禍の宅配に置き配バッグ「OKIPPA」

新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちの生活様式は大きく変わっている。不要不急の外...
写真