日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 欅坂46鈴本美愉、期待のジャンル

本格再始動? 元欅坂46・鈴本美愉、あのジャンルなら一気に「女王」に君臨できる!?

文=日刊サイゾー

欅坂46公式サイトより(現在は削除)

 どんな仕事の依頼が来るのだろうか?

 今年1月に欅坂46を卒業した鈴本美愉が開設していたインスタグラムがマネージャー管理となったことがわかった。本格再始動間近かと注目が集まる一方、欅坂ファンの中には眉を潜めている人も多いようだ。

「鈴本は今年7月3日に同じ元欅坂メンバーの志田愛佳と共にYouTubeチャンネル『鈴本愛佳のぶちゃらけ』を開設。お酒を飲みながらグループ在籍当時の恋愛に言及するなどぶっちゃけトークを繰り広げたため、欅坂46のイメージを傷つけるような内容に批判が殺到する事態となりました。欅坂46は先日、櫻坂46への改名が発表され、10月にはラストライブも控えています。そのため、ネット上では『今デリケートな時期なので、新グループが軌道に乗るまで卒メンはちょっと大人しくしていてほしい』『YouTubeで完全に失望したから不信感しかない』『少なくとも櫻坂が軌道に乗るまでは現役メンバーに迷惑をかけないで!』と、警戒する声が寄せられています」(芸能ライター)

 ファンも気になっている今後の活動だが、アイドル誌編集者はこう語る。

「欅坂時代は『ダンス番長』と呼ばれた鈴本ですが、握手会での人気は下位。トークも苦手で身長も高くはない。タレント、女優、モデルのどれも需要があるようには思えない。インスタグラムでのさらりとした報告からすると、大手事務所に所属するという雰囲気でもないですから、ソロ活動は難しいものがある」

 となると、やはりオファーは鈴本の「もう一つの武器」に集中しそうだ。

「彼女はアイドル界では“隠れ巨乳”として、たびたびメディアに取り上げられたものでした。あるエンタメ誌では『推定90センチ・Fカップ』と評されていたほどです。元メンバーの今泉佑唯もその豊満バストで卒業後にグラビアを席巻しましたが、鈴本ならグラビアクイーンも狙えるはず。ビキニ写真集で好セールスを記録すれば、タレント価値は一気に上がるでしょうね」(グラビア誌編集者)

 脱がせ屋たちにロックオンされる前に、グラビアアイドル転身を本気で考えてみてはどうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/28 06:00

本格再始動? 元欅坂46・鈴本美愉、あのジャンルなら一気に「女王」に君臨できる!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

コント番組が乱立、区別つかず!? 

お笑いブームがいよいよ極まってきている。ただ...…
写真
インタビュー

Kダブが「トランプを支持するワケ」

 11月3日に控えた米大統領選において、現大統領であるドナルド・トランプ(共和党)と...
写真