日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 上沼恵美子、尾を引く後枠問題

関わるとロクなことがない!? 上沼恵美子、地元関西でも尾を引く「後枠」問題

文=日刊サイゾー

上沼恵美子

 在阪テレビの関西テレビが、7月24日を最後に突然打ち切った上沼恵美子の冠番組『怪傑えみちゃんねる』の後続番組について、10月クールからもフジテレビが制作する番組をそのままネット受けすると発表した。

 事情通の芸能関係者によると「後続番組は吉本興業所属の芸人で、複数のパターンを準備して交渉していたが間に合わなかったという経緯もある。次の改編期は1月だが、今後は関西にゆかりのある東京在住のタレントを使い、都内で収録して関西ローカルで放送するパターンも考えているようだ」と明かす。

 一方で、コロナ禍の影響は在阪テレビ局をも直撃しており「制作費削減は顕著。10月からは在京テレビ局でもテレビ朝日が夕方のニュース番組『スーパーJチャンネル』をこれまでより15分、早終了しますが特集のVTRを発注する制作費が無くなったともっぱらです。元々、キー局の半分以下の制作費しかない関西では、その影響はさらに深刻」という。

 また、10月以降も放送が継続される『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)は、6月にトラブルになったキングコングの梶原雄太の後釜に当面の間、レギュラー出演者を置かないことが決まっている。

「こちらも後釜をスタッフが探していましたが、何せ上沼の“パワハラ疑惑”が大きく報じられたので、芸人側が嫌がっているという話が聞かれる。業界内に『上沼さんと関わるとロクなことが無い』との声も根強い」(同)

 今や不幸枠にすらなり下がった関西の女帝にまつわる「後枠、後釜」問題はいつになれば解決するのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/30 10:30

関わるとロクなことがない!? 上沼恵美子、地元関西でも尾を引く「後枠」問題のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

金太郎がRIZINへ殴り込み!

 金太郎の鬼退治が、いよいよ始まる! イケイケのファイトスタイルで人気を集める総合格...
写真