日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 上沼恵美子を救うものまね芸人

上沼恵美子、地に落ちた女帝を救う“ものまね芸人”の存在がクローズアップ

文=日刊サイゾー

上沼恵美子

 自身の冠番組だった『怪傑えみちゃんねる』(カンテレ)を“ブチ切れ幕引き”させたタレントで歌手の上沼恵美子。その舞台裏が次々と明かされ今や地に落ちた“西の女帝”だが、救いの手がないわけではない。

 24日に『M-1グランプリ』の予選会に登場した女性お笑いコンビ・天才ピアニストのますみは、上沼のものまねでプチブレークしており本人とも「公認」の仲という。カンテレの制作サイドからは引き続き上沼のものまね披露についてGOサインが出ているといい、一部メディアの取材に対し、仕事自体については「減ったや増えたもない」と明かす。

 だが、お笑い関係者は彼女こそが「上沼の救世主になり得る」と指摘する。

「以前、ブームが下火になり歌手として下降線をたどっていた美川憲一を再ブレークまでもっていったのは、ものまね界の巨匠・コロッケによる影響が大きかった。プロレスラーの長州力も、だみ声の『キレてないですよ!』のセリフを世間一般にまで流行らせたのはやはりものまねしていた長州小力だった。ものまねって本人ではないのですが、いい意味で影響力が大きい存在でもある。(上沼を真似る)ますみが上沼のいい部分、悪い部分両方をどう融和させながらネタに仕上げるか。それによっては再び上沼人気が再浮上することは十分ありうる」(同)

 同じ“芸人の後輩”に上沼は感謝する日がやってくるのか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/31 06:30

上沼恵美子、地に落ちた女帝を救う“ものまね芸人”の存在がクローズアップのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真