日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 剛力彩芽に再ブレイクの兆し

剛力彩芽に再ブレイクの兆し! オスカーから独立で囲み取材も解禁、イベントゲストのオファー激増か

剛力彩芽に再ブレイクの兆し! オスカーから独立で囲み取材も解禁、イベントゲストのオファー激増かの画像1
インスタグラム:剛力彩芽(@ayame_goriki_official)

 今年8月いっぱいでオスカープロモーションを退社した剛力彩芽。独立後1カ月で2つのイベントに登場するなど、仕事も順調のようだ。

「9月16日に出席した『ショートショートフィルムフェスティバル』のセレモニーでは、記者の囲み取材はなかったんですが、10月1日の美顔器の新製品発売イベントでは、報道陣の取材に応じました。そこまで突っ込んだ話はなかったものの、交際が報じられているZOZO創業者・前澤友作氏に関する質問にも答えています。フリーになったということで、かなりざっくばらんになった印象を受けました」(芸能記者)

 現在、剛力は自身が代表を務める個人事務所・ショートカットの所属として活動中だ。

「今後、どこか大手事務所の傘下に入るなどの展開はありえそうですが、現状ではほぼほぼ“フリー”の状態です。大手の後ろ盾がないということは、裏を返せば剛力本人が好きなことをできるということでもある。これまでならオスカーのほうでNGを出していた仕事も、剛力本人がOKならば、問題なく受けてくれるでしょう。クライアントや制作サイドも今までよりオファーしやすくなると思います」(同)

 そんな中、今後剛力が活躍することになりそうな場が、企業系イベントだという。

「企業としては話題性が高いゲストをブッキングすることで、多くのメディアに集まってほしいわけです。それこそワイドショーのネタになりそうなタレントが好都合で、剛力はまさに適役なんです。ちなみにこのパターンでイベントに引っ張りだこだったのが、石田純一。剛力はさながら女性版・石田純一の路線を狙えそう。

 剛力の場合、熱愛の話はあっても、トラブルや犯罪系のスキャンダルがなくクリーンだというのも、企業としてはありがたいところ。そのうえで、囲み取材も解禁したとなれば、より一層ワイドショーに取り上げられる可能性も高くなる。企業の宣伝ツールとしては、こんなに都合がいいタレントはいません。今後、剛力は企業イベントに出まくってもおかしくない」(芸能事務所関係者)

 イベント出演が増えれば、自然とテレビなどの出演も増加していくだろう。

「いま、オスカーから多数のタレントが退所していますが、いずれのタレントに対しても、いわゆる“圧力”というものは一切ない。テレビ局としても、オスカーに気を遣うことなく剛力を起用できる状況が整っているんです。ぶっちゃけ系のトーク番組はもちろん、ワイドショーのコメンテーターの仕事もできそうだし、もちろんドラマ出演に返り咲くことも考えられます」(同)

 剛力彩芽が再ブレイクするのは時間の問題かもしれない。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/10/06 18:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed