日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 小芝風花、朝ドラ選抜最有力?

小芝風花の起用濃厚説も! 朝ドラヒロインの選考は「NHKでの実績」が重要か 

文=日刊サイゾー

小芝風花の起用濃厚説も! 朝ドラヒロインの選考は「NHKでの実績」が重要か の画像1
インスタグラム:小芝風花(@fuka_koshiba_official)

 新型コロナウイルスの影響を大きく受けているテレビ界。例年であれば、NHK連続テレビ小説の後期が10月からスタートしていたはずだが、2020年度後期作品の『おちょやん』は11月30日のスタートとなった。

「現時点では、放送回数の短縮などは予定されていないとのことですが、そもそも放送回数も発表されておらず、多少の短縮はありえそうです。2021年前期放送の『おかえりモネ』についても、放送開始時期がずれるなどの影響がありそうです」(テレビ局関係者)

 ちなみに、2021年後期放送予定の『カムカムエヴリバディ』は、3名のヒロインが登場し、そのうち1人ついてはこの夏にオーディションが終了していると言われている。

「最近の朝ドラヒロインは、“NHKでの実績”が重視される傾向にあります。『カムカムエヴリバディ』の場合は3人のヒロインなので、1人くらいはほぼ無名に近い人選をする可能性もありますが、ほかの2人ついては、NHKのドラマで主演をしたことがあるような女優さんが選ばれる可能性も高そうです」(同)

 “NHKでの実績”とはどういったことなのだろうか。

「たとえば、『おかえりモネ』でヒロインを演じる清原果耶は、2018年に『透明なゆりかご』というNHKのドラマに主演していて、さらに19年には『螢草 菜々の剣』、『マンゴーの樹の下で~ルソン島、戦火の約束~』というドラマにも出演しています。これらの作品が実質的なオーディションとなり、そこでの活躍が認められ、朝ドラヒロインに起用されるという流れです。『おちょやん』のヒロインである杉咲花についても、朝ドラ『とと姉ちゃん』や大河ドラマ『いだてん』での出演が、NHKでの実績になっているわけです」(同)

 では、今後朝ドラヒロインに起用される可能性が高い女優は誰なのだろうか。

「今もっとも朝ドラヒロインに近いと言われているのは、小芝風花でしょう。19年に主演したNHKドラマ『トクサツガガガ』が好評だったというのが、大きな実績になっています。また、10月から始まる『タリオ 復讐代行の2人』で主演を務める浜辺美波も可能性が高そうだと言われています」(同)

 紅白歌合戦への出場者選考には“NHKへの貢献度”が左右すると言われているが、朝ドラヒロインも同様ということなのだろう。『カムカムエヴリバディ』のヒロインの座を射止めるのは、果たして誰になるだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/08 08:00

小芝風花の起用濃厚説も! 朝ドラヒロインの選考は「NHKでの実績」が重要か のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

綱島「住みたい街160位」でも注目のワケ

今回は、2022年に新駅開業予定、東急東横線「綱...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真