日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 田中みな実、22年大河ドラマ決定

田中みな実、2022年大河ドラマ出演決定で「結婚より仕事」に生きることを決意した!?

文=日刊サイゾー

田中みな実(フラーム公式プロフィールより)

 仕事の面では着々とステップアップしているが……。

 フリーアナの田中みな実が、2022年放送予定のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演することが内定したと、9月7日発売の「週刊現代」(講談社)が報じ、話題を呼んでいる。

「同ドラマは鎌倉幕府の第2代執権・北条義時が、武士の頂点に上り詰めていくストーリー。脚本を三谷幸喜が務め、主演を小栗旬演じることが発表されています。田中は4月期のドラマ『M  愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)の怪演が話題となったことで自信を深めたのか、このほどトップ女優を多く抱える『フラーム』に移籍。同事務所はNHKと縁の深い戸田恵梨香や有村架純が所属していますから、さっそく事務所のキャスティング力が発揮されたのでしょう」(芸能記者)

 ネット上では「大河ドラマの質が……」「安っぽい大河になりそう」「深夜ドラマ枠がちょうどいいのに」「ちょい役ならいいと思う」など厳しい意見も目立つが、念願の大河出演で田中の注目度がますます上がるのは必至だろう。

 一方、心配なのは田中の婚期だ。

「よけいなお世話だと思いますが、2年後には36歳を迎えます。田中はラジオ番組で『やばいね、やばいよ。結婚したいんだもん、こっちはもう』と焦りを吐露したり、たバラエティ番組で『子どもは3人か2人は欲しい』『もう母性がダダ漏れで、ホントに子どもが欲しいんです』『橋本環奈ちゃんみたいな子どもがほしいの』と子作り願望を連呼していました。大河出演となればスキャンダルはご法度。1年間はドラマに集中せざるを得ず、恋愛どころではなくなるでしょう。本人がそのへんをどう折り合いつけているのか気になるところです」(女性誌編集者)

 仕事に生きる決意をしたのか、それともすでにお相手をキープしているのか気になるところだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/15 06:00

田中みな実、2022年大河ドラマ出演決定で「結婚より仕事」に生きることを決意した!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

SEEDAが語る映画『花と雨』

――SEEDAが2006年にリリースした傑作アルバム『花と雨』を原案とした同タイトル...
写真