日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 迷走する手越祐也が目指すべきはホスト化?
放送作家が人気動画を分析「YouTubeには手を出すな」3

迷走する手越祐也が目指すべきはあの“帝王”のチャンネル YouTubeが再生数激減…暴露本でファン離れ…

文=谷田彰吾(たにだ・しょうご)

YouTube「手越祐也チャンネル」より

 手越祐也さんのYouTubeにはガッカリしている。

 そんなことを言うとファンの方々から厳しいお叱りを受けてしまいそうだが、あえて言わせてもらった。僕は手越さんこそYouTubeを新しい手法で使いこなす、『YouTubeの申し子』になるのではないかと思っていた。ファンでもない40歳のおじさん放送作家の僕が、「これは見なければ!」と強烈に期待していたのだ。しかし、今の手越祐也チャンネルは、迷走しているように見える。

 僕が手越さんに期待していたのは、芸能人生の第2章のすべてを刻むドキュメントチャンネルだった。ジャニーズという日本一の芸能事務所を飛び出し、あらゆる縛りから解放された手越祐也が、本当にやりたいことを仲間を巻き込みながら仕掛けていき、成功も失敗も裏側のすべてをさらけ出していく……『劇場型の芸能人生』。日本の芸能界に革命を起こすようなチャンネルになって欲しいと思っていた。

 実際、その兆候はあった。手越祐也チャンネルは自らの独立記者会見からスタート。これまでの芸能界なら、記者会見はテレビで行うのが当たり前だったが、手越さんは自分のメディアに主権がある形で行った。動画はあっという間に1000万再生を突破し、これ以上ない最高のスタートを切る。

 その後も、音楽活動のパートナーを募集する新プロジェクトを打ち出したり、暴露本発売の記者会見を行ったりと、元ジャニーズとは思えない破天荒な動画を次々と仕掛けてきた。暴露本の発売によってファンが離れたとも言われているが、覚悟の上だろう。それでも自分の信念のもとにチャレンジする。現在進行形のドキュメント色が強調されていて、常にチェックしておかなければならないドキドキ感があった。

 僕がこの路線に大賛成だったのは、手越さんの言葉が強いからだ。

 いつでも信じられないほどポジティブで、自信家。この手の有名人は誤解されがちで、一昔前だと嫌われる傾向にあったと思うが、昨今は逆になった。激動の時代、誰もが指針を探してさまよう中、「我こそが指針」と言い切れる人間は強い。コロナ禍でその傾向はより強まった。

 だが、潮目が変わったのは17本目から3部作で展開された案件動画だ。無人島でサバイバルをするという、見慣れたバラエティ企画。しかし、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演していた手越さんの場合、どうしてもテレビと比較して見てしまう。『イッテQ』は日本最高峰のテレビマンたちがおもしろく仕上げてくれたが、YouTubeではそうもいかない。その後も、ドッキリなどのテレビ的な動画を次々と公開したが、再生数は激減した。

 ハッキリ言おう。テレビの真似事を手越祐也に求めてはいないのだ。(個人的にはスカイピースとのコラボ動画のようなYouTuber企画も違うと思う…再生数は稼げるかもしれないが) 僕はモヤモヤした気持ちでチェックしていたが、YouTuberのヒカルがコラボ動画で言った言葉でスッキリ。「何がやりたいかわからない」……本当にそう思う。

12

迷走する手越祐也が目指すべきはあの“帝王”のチャンネル YouTubeが再生数激減…暴露本でファン離れ…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

嵐・大野「口止め誓約書」で思い出される悲劇

 活動休止まで残り2カ月となった国民的アイド...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真