日刊サイゾー トップ > カルチャー > マンガ  > 『きまぐれ☆オレンジロード』伝説の黒歴史

『きまぐれ☆オレンジロード』作者の急逝で思い出された伝説の「アニメ映画版」黒歴史

文=日刊サイゾー

『きまぐれ☆オレンジロード』作者の急逝で思い出された伝説の「アニメ映画版」黒歴史の画像1
きまぐれオレンジ☆ロード。

「伝説の黒歴史」を思い出した原作ファンも多かったようだ。

 10月6日、80年代に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されていた人気漫画『きまぐれオレンジ☆ロード』の作者・まつもと泉さんが亡くなったことを受け、14日未明、アニメ監督の望月智充氏が自身のツイッターに投稿した内容が話題を呼んでいる。

「望月氏は88年公開のアニメ映画『きまぐれオレンジ☆ロード あの日にかえりたい』で監督を務めていますが、原作とは作風が異なっていたことで、まつもとさんは公式サイトで『原作から離れたパラレルワールドと考えてほしい』とコメントしていたものでした。望月氏も当時を思い出し、『「オレンジ☆ロード あの日にかえりたい」を作ったことで、おれは原作を壊した人間のように言われてきた。まつもと泉氏からはかなり憎まれていたと思う』と告白としています」(サブカル誌ライター)

『きまぐれオレンジ☆ロード』は超能力が使える中学3年生の主人公・春日恭介と、ちょっと不良な鮎川まどか、そしてまどかの妹のような舎弟・ひかるとのさわやか三角関係を描いたストーリー。原作ラストで恭介がまどかにLikeかLoveか問いただした際の、「Lile!ただし…限りなく……Loveに近い…ね」という返事は、漫画史に残る名ゼリフとして、ファンから大絶賛されたものだった。

 「一方、望月氏のアニメ映画版は、三角関係解消のために鬱展開が繰り広げられる……。原作では優柔不断な恭介のキャラがほぼ“ヤリチン男”のように描かれ、一方的にひかるを突き放してゆく。まどかと付き合った恭介にひかるが街なかで話しかけてもシカトする冷徹ぶりで、ただひたすら後味が悪い。原作のさわやかさは全く消え失せ、ドロドロの昼メロと化していたことから『鬱アニメ』『原作レイプ』とのレッテルを貼られ、DVD化もされていません」(サブカル誌ライター)

 まつもとさんの急逝で、望月氏も悔恨の念がこみ上げてきたのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/16 15:38

『きまぐれ☆オレンジロード』作者の急逝で思い出された伝説の「アニメ映画版」黒歴史のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

スマートニュースの「現地調査」

──あまりにも速すぎるデジタルテクノロジーの進化...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真