日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『グッどラック!』ロンブー淳に「社会派」の需要なし⁉

『グッとラック!』テコ入れ不発で判明! ロンブー淳に「社会派」の需要なし⁉

文=日刊サイゾー

ロンドンブーツ1号2号・田村淳

 視聴率低迷が続く朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)が9月28日からリニューアルされている。その目玉となったのがMCの立川志らくに次ぐポジションに収まったロンドンブーツ1号2号・田村淳だ。

 「しかし、結果を見るとまったくの無風で、視聴率は依然として2%台のままと効果なし。逆に、元大阪府知事の橋下徹がコメンテーターに加わった月曜日だけは3%を超える日があり、橋下氏と淳のタレントパワーやコメント力の差が如実に表れているとみるスタッフも少なくはない。月曜以外で唯一、3%を超えた10月1日は、堀江貴文氏と餃子店のマスク騒動をいち早く取り上げたため、注目度が高かった。しかし、淳は『お店側の意見と、ホリエモンさんの意見が食い違っているのは、僕が間に入ったら、全然仲裁できることです。ただ、入りたくないですけど。面倒』とコメント。思わず。“だったら言うな”と言いたくなりましたね」(芸能ライター)

 淳といえば、過去には『知りたがり!』(フジテレビ系)でコメンテーターを務め、「社会派」の肩書ゲットをもくろんだが、失敗に終わっている。

 「現在はラジオ番組『田村淳のNewsCLUB』(文化放送)で地道に勉強を続けていますが、やはりまだまだ芸人の域を出ていない印象です。淳は『グッとラック!』のスペシャルウィークに2度出演したことを機に抜擢されましたが、このとき一番面白かったと評判だったのは辛坊治郎でした。彼の場合は志らくがかすんでしまうことで敬遠されたのでしょうが、逆に言えば、それだけ淳は当たり障りがないということでしょう」(テレビ誌ライター)

 「社会派」を目指しているかに見えるが、さほど向いてる様子はない淳。『グッとラック!』スタッフは、彼の起用に疑問符がついていないのだろうか?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/16 17:00

『グッとラック!』テコ入れ不発で判明! ロンブー淳に「社会派」の需要なし⁉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

東海テレビが捉えた報道の自画像

 昨年から、放送関係者の間で「絶対見たほうがいい」と「裏ビデオ」のように出回り、さまざ...
写真