日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > テレ朝の信じられないセクハラ番組に視聴者激怒

就寝中のグラドルの横でナダルがパンイチに…テレ朝の信じられないセクハラ番組に視聴者激怒

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

就寝中のグラドルの横でナダルがパンイチに…テレ朝の信じられないセクハラ番組に視聴者激怒の画像1
マッドマックスTV(abemaサイトより)

 深夜とはいえ、このご時世にこんなセクハラ番組が強行されるとは……。

 10月27日深夜放送の『マッドマックスTV』(テレビ朝日系)が物議を醸している。

「番組では『妖精』という設定でコロコロチキチキペッパーズ・ナダルが全身白タイツ姿で、グラビアアイドル・都丸紗也華が泊まるホテルに侵入。彼女に気づかれないようにベッドの下に潜み、スタッフからの指令を受けてミッションをクリアすると賞金がもらえるという『ナダル・アンダー・ザ・ベッド』が放送されました。ベッドの下にナダルが潜んでいるとは思わない都丸は、しばらく携帯でゲームを楽しんだ後、就寝。すると、ナダルはベッドから出ていき、都丸の洋服の匂いを嗅ぎながら畳んだり、パンツ一丁になって都丸の横に立つなど、さながらストーカーのよう。ナダルはミッションのたびに、いったんベッドの下に戻ってスタッフの指令を受けるのですが、都丸が気づいたら卒倒してトラウマになりそうなホラー映像でした」(テレビ誌ライター)

 ネット上では「ナダル本当にキモイ」「パンイチのナダル怖すぎる」「この企画アウトだろ。考えたやつクソ」と批判が殺到することに。

 しかし、そこからが急展開だった。ナダルがベッド下からパンイチでM字開脚した瞬間、映像がストップしたのだ。

「実は、リアルタイムでVTRをチェックしていた『マッドマックスTV審議委員会』が審議した結果、この先は放送できないと判断。男性芸人がブリーフ1枚で就寝中の女性に近づく非常識な映像を、これ以上放送すると視聴者に動揺や不安を与えるとの理由で放送中止となりました。しかし、ミッションはまだ7つも残っており、ナダルが都丸に気づかれたのかどうかさえわかっていない。視聴者やスタジオのかまいたちらも不完全燃焼となっているさなか、完全版がABEMAで放送されることが発表されました」(前出・テレビ誌ライター)

 この無神経な対応に視聴者は大激怒。「途中から見られなくなるほうが不快だわ」「すげー中途半端」「 視聴者おいてけぼりかよ」「ABEMAで見ようとまでは思わない」とブーイングの嵐が沸き起こることに。

「かつてはイジリ―岡田が、最近ではクロちゃんが同様のストーカー的なキモ役をしていましたが、やはり最近のコンプライアンス的には難しかった。事務所の許可を得ているとはいえ、ナダルがグラドルの部屋に侵入して不法行為をするのを見ているだけの番組ですから、こうなることは想定できたはずです」(前出・テレビ誌ライター)

 となると、やはりABEMAに誘導するところまでが「台本」だったのだろうか。

最終更新:2020/10/29 14:00

就寝中のグラドルの横でナダルがパンイチに…テレ朝の信じられないセクハラ番組に視聴者激怒のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真