日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 阪神・藤浪、コロナ合コンで失った“プロとしての信用”

阪神・藤浪、復調傾向も…いまだ回復しない、コロナ合コンで失った“プロとしての信用”

【確認中】阪神・藤浪、復調傾向も…いまだ回復しないコロナ合コンで失ったプロとしての信用の画像1
阪神タイガース・藤浪晋太郎

 プロ野球、阪神タイガースの藤浪晋太郎投手が28日、甲子園球場での中日戦で9月13日以来となる先発マウンドに上がり、4回1失点と好投した。

 先発投手のローテーションの谷間で、中継ぎ陣を総動員する「ブルペンデー」のトップバッターに指名された藤浪は、初回に押し出し四球で1点を失ったものの、その後はスコアボードに「0点」を並べた。5回に打席が回ってくると代打を送られたが試合後、矢野燿大監督は「次回の登板も先発でいこうかなと思う」と明かしている。

 今シーズンの藤浪はコロナ禍が始まった3月中旬に先輩選手ら複数の男女と大阪市内で会食した後、新型コロナウイルスに感染し、離脱。球団からは謝罪会見と罰金を課せられたが、その後も遅刻や不調で2軍降格の憂き目に遭うなど散々な状態に転落。9月下旬にチームで再びコロナ感染者が続出した際に中継ぎ投手として緊急昇格を果たして以降、復調の兆しを見せている。

 プロ野球OBは「扱いだけみれば、藤浪は完全に戦力の計算には入っていなかったが、ケガの功名というか、イレギュラーな形で調子を取り戻しつつあるのは大きい」と話す。

 一方で「本当に信頼を取り戻すには、私生活で生まれ変わった姿を、何らかの形で示す必要もある」(同)という。具体的には「社会貢献活動もそのひとつでしょうし、オフに入ったら取材などを通して、コロナウイルス感染体験を語るなど、啓蒙活動を行うのもひとつ。そうした取り組みがあってこそ、さまざまな形で注目されるプロ野球選手としての使命を果たすことになる」(同)とのことだ。

 今さら「単に復調すればいい」といった甘い考えを持っているとは思えないが、グラウンドで結果を残すだけでなく藤浪がやらなければならないことはまだまだあるのだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/10/30 17:03
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『24時間テレビ』強行放送の日テレに反省の色ナシ

「愛は地球を救う」のキャッチフレーズで197...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真