日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 東京五輪開催「瀬戸際」、官邸側の本音

東京五輪チケットの払い戻し開始! 来年開催「瀬戸際」、官邸側の本音

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

東京五輪チケットの払い戻し開始! 来年開催「瀬戸際」、官邸側の本音の画像1
幻になるか?

 東京五輪・パラリンピック組織委が先月末、11月10日からチケットの払い戻しに対応すると発表した。新型コロナウイルス感染再拡大が懸念される中で、組織委関係者も「中止」「延期」報道の火消しに躍起となっている。

 チケット払い戻し詳細会見の際、高谷正哲スポークスパーソンは「中止や無観客は検討されていない」と何度も繰り返した。政府や東京都、組織委の「新型コロナウイルス対策調整会議」は11月も開かれるが、さらなるチケット払い戻しについては明言を避けている。背景について五輪関係者は「来年の五輪実現が瀬戸際に立たされている証拠」と話す。

「最終的な決定権はIOC(国際オリンピック委員会)にありますが、開催国にもある程度、意見は聞きますしコロナ禍でIOCだけが責任を負いたくないのも本音。となると、最後は官邸も開催について決断が求められます。現状、官邸側は『是が非でもやりたい』のが本音ですが、IOCのバッハ会長は出身地のヨーロッパ圏でコロナの猛威がすさまじくなっていることを目の当たりにしており、強行開催に消極的になったとの情報もある。そのため、組織委やスポンサー筋の間で『五輪中止』の話がかなり回っている」

 もうひとつ、関係者の間で出回っている話題は「12年後への延期」だ。

「2024年、28年はすでに開催国が決まっており、その次の2032年に東京五輪を延期するというもの。こうなれば、電通をはじめ利害関係者も一応は納得できるでしょう。ただ、五輪組織委員会の森会長ら高齢の関係者からは、大反対が起こるのは避けられない。ここをどう、官邸が説き伏せるかも見ものです」

 日本国民もそうだが、選手らもやきもきしているだろう。五輪関係者のみならず、彼らもしばらく、目が離せない日々が続きそうだ。

最終更新:2020/11/07 20:00

東京五輪チケットの払い戻し開始! 来年開催「瀬戸際」、官邸側の本音のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

『i-新聞記者』忖度とどう闘う?

<前編はこちらから>  11月15日(金)公開のドキュメンタリー映画『i-新聞記者ド...
写真