日刊サイゾー トップ > スポーツ > オリンピック  > 東京五輪、正式決着は微妙なワケ

東京五輪、風向き変わるも「正式決着」はまだまだ微妙な裏事情とは?

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:applekun4649

 来夏に延期されている東京五輪について、国際オリンピック委員会(IOC)の調整委員会と、大会組織委員会の合同会議が25日にリモートで開かれた。大会の簡素化について議論。52項目で合意に達した。

 会議後、森喜朗組織委員会長は「あらゆる観点で議論を進めた」と報告し、IOC関係者の人数のうち、15%程度の削減やIOC総会の開会式取りやめ、さらにはIF(国際技術連盟)のラウンジ取りやめなどを挙げている。10月7日に開かれるIOC理事会で暫定的な報告を目指している。また、五輪開会式や閉会式についても演出面で簡素化を目指している。

 それにしても気になるのはここにきて、開催が劣勢に立たされていた東京五輪への風向きが少し変わったということだ。

 スポーツ紙五輪デスクは「菅総理が誕生したタイミングから、新たなフェーズに入った感じがある。安倍前総理は超五輪推進派でしたが、菅総理も基本的にはそれを引き継ぐ構えで、そうしたことも影響している可能性はある。関係者の間でもそうした話は個々のところ少しずつ出てきている」と話す。

 一方で、楽観視できない面もある。組織委員会関係者は「うちに出向していたスタッフがどんどん所属先に引き上げている流れは変わっていませんよ。先日も、五輪の聖火リレーを来年3月に予定通り行うと発表されていましたが、イベントの発注も来ていませんし。なんだか政府と組織委員会の一部上層部、代理店だけが盛り上がって強引に推し進めているのが手に取るようにわかる。国民を見くびるのもいい加減にした方がいい」と憤っている。

 五輪開催、中止の決着はまだまだ先が読めなさそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/01 08:00
関連キーワード

東京五輪、風向き変わるも「正式決着」はまだまだ微妙な裏事情とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

嵐・大野「口止め誓約書」で思い出される悲劇

 活動休止まで残り2カ月となった国民的アイド...…
写真
インタビュー

ラッパーPablo Blastaインタビュー

 Pablo Blastaというラッパーの名前は、DJ CHARI & DJ...
写真