日刊サイゾー トップ > 芸能  > てんちむ炎上で大フィーバー

てんちむ、“焼け太り”でバブル到来か 豊胸騒動で破産寸前報告も今度はホステス宣言!

文=日刊サイゾー

てんちむ、今度はホステス宣言! 豊胸騒動で破産寸前報告も焼け太りでバブル到来かの画像1
インスタグラム:てんちむ/Tenchim(super_muchiko)

 タレントでYouTuberのてんちむが今再び熱い。

 今年9月、豊胸手術を受けた事実を隠してナイトブラなどの商品をプロデュース・宣伝していたことが発覚し、大炎上を巻き起こしたてんちむ。謝罪動画では、販売した商品について自腹で返金対応をすると宣言したが、その後4万件近い問い合わせを受け、首が回らなくなったらしく11月9日には「破産寸前になりました」というタイトルの動画をアップ。豪華なマンションからアパートに引っ越したことや、銀座のクラブで働くこと、メルカリを始めたことなどを報告した。

 さらに12日には「銀座のクラブで息します【ガチ】」という動画をアップ。13日にはインスタグラムで「愛 天華として働かせて頂くことになりました」と源氏名を公表。16日から実際に勤務すると宣言した。

 てんちむのこうした怒涛のYouTube攻勢に、ファンが急増していると語るのはウェブメディア編集者だ。

「豊胸が発覚した時こそバッシングが加熱しましたが、そこからの追い上げが物凄い。再生数はもちろんのこと、コメント欄にはてんちむを応援するメッセージや絶賛するコメントがかなり多いんです。しっかり謝罪して返金すると宣言した潔さが功を奏したのかもしれません。謝罪した上で、豊胸であることに開き直り元KAT-TUNの田中聖をフィーチャリングに呼んで『豊胸DRIFT FREESTYLE』というMVを公開したのはアッパレだった(笑)。もちろんアンチも多いですが、信者も増えている印象です」

 ネット上では「豊胸事件をきっかけにハマった」「炎上前より好きになってしまった」という声も見られる。また、炎上によって「ドキュメンタリー性が生まれた」と分析する向きもある。

「これまでのてんちむの動画は、“〇〇してみた”系とか、人気YouTuberや有名人とのコラボとか、凡庸なYouTuberとやってることがほとんど変わらなかった。それでももちろん絶大な人気を誇っていましたけどね。ですが、豊胸事件以降ネットニュースになることが増え、あまりYouTubeを見ない層の興味もひくようになったと思います。謝罪動画というキラーコンテンツを放ち、その後も状況の報告で耳目を集め、さらに返金代を稼ぐべくホステス転身宣言と、まるで『ザ・ノンフィクション』を見ているようなドキュメンタリー的面白さが生まれています。これで返金完了に漕ぎ着け、高級マンションに返り咲いた暁にはタレントとして凄みが増すと思いますし、テレビのオファーも増えるでしょうね」(構成作家)

 焼け太りにより大フィーバー状態のてんちむ。稀代のYouTuberが見せる「女の一代記」に、これからも目が離せない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/15 08:00

てんちむ、“焼け太り”でバブル到来か 豊胸騒動で破産寸前報告も今度はホステス宣言!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真